超スーパームーン 2016


th2016septimg_5496

今日はスーパームーン。それも68年ぶりの大きさとか。確かに裸眼で見てもおっきい。

68年来の大きさというのにはしびれたなあ。1948年1月以来の大きさだそうな。68歳の私にぴったりではないか。今年はなにか好い事ありそうだぞー、あと1ヶ月半しか残ってないけど。

この写真はキャノン「パワーショットSX60HS」で撮りました。ミラーレス一眼の光学65倍ズームレンズ超望遠付きカメラです。撮影設定は光学最大ズームにしたので35ミリカメラ換算1365ミリ相当。三脚に乗せて、10秒タイマー撮影(手ぶれ防止のため)です。多少画像処理をして解像度を上げてます。不思議なんですが、ファインダーで覗いている画像はこれよりももっと綺麗にシャープに見えるのです。シャボン玉の球みたいな立体感のある絵がファインダー(EVF)に写るのに、どうしてか、そのままの絵が記録されない。悔しいったらありゃしない。ピントが甘いのかなあ?

ともあれ、このSX60HSは私の旅の友。軽くて小さい一眼レフタイプなので誠に重宝している。日本への一時帰国には必ず携帯する。

エアショー撮影では「キャノンKiss X7」+55-250mmズームレンズがメイン。その時はサブカメラとして存分に活躍してくれる愛機であります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

成田→JFK 2016


だんだんネタ切れになってまいりました。今日は、9月6日のJAL4便で家内と日本からアメリカに帰る時の写真。

カナダ上空でだんだん夜が明けてきた

th2016septimg_4553

夜が開けたミネソタあたりで見た大入道雲

th2016septdsc02110-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ミルウォーキーの上空を通過

ここら辺で、朝飯の(ニューヨークでは晩飯ですけど、腹の具合いは朝食感覚)エアー吉野家が出る

飛行場が見えて来たらすかさず写真を撮る

ミシガン州グランドラピッズの「Gerald R. Ford International Airport」

th2016septdsc02123

同じくミシガン州ランシングの「Capital Region International Airport」

th2016septdsc02129

これもミシガン州で、ハウウェルの「Livingston County Spencer J. Hardy Airport」

th2016septdsc02133

これもミシガン州の「Selfridge Air National Guard Base」

th2016septdsc02138

何でミシガン州ばかりなのか、というと、その前の時刻ではボーイング787は窓のシェードがLEDで客室乗務員が締めてしまっているから、窓を開けられないんです、乗客は殆んど寝てるし。夜の帳のなかで流れて行く地上の町の灯りは魅力的ななんだけど、写真撮れるような状態じゃないので諦らめ。朝食のサービスが始まるころやっと個人でシェードを開けられる。ところが、ミシガン州を出てエリー湖をわたるとペンシルバニア。ペンシルバニアは山が多くて飛行場が少ないのであります。

セルフリッジの写真を角度を変えてもう一枚

th2016novdsc02140

ペンシルバニア州に入ると小さな田舎空港が幾つか見えてきますが、残念ながら空港名は分からない。地図で探しきれないのであります。この小さな空港も(というより飛行場ですね)エルマイラとかコーニック近くの地方空港なんですが、名前は分からずじまい

th2016septdsc02156

スクラントンの手前あたりの山間部ににょきにょきと生えている風力発電の風車、数の多いこと、驚きです

th2016septdsc02160

夕闇迫るマンハッタンを左に見ながらJFK空港に着陸しました

th2016septimg_4570

この時、ああ、これで来年まで日本はおあづけだなあ〜、、、、と思って帰国したんですが。まさか、三叉神経痛が痛くなって僅か1ヶ月でまた日本へ一時帰国することになるとは、想像もしておりませんでした

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

秋深し2016


11月8日の大統領選挙の大狂想曲も終わりを告げていよいよ秋深し

th2016octimg_5662

我が家の裏庭の落葉、本格的になってきた。昼間で気温は10度くらい

さて、これからは24日の「サンクスギビング・デー」に始まり「クリスマス・デー」に終わるホリデーシーズンであります、クリスマスコンサートも目白押し、ウキウキシーズン到来

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

機内食2016


食べることばっかりが続きます

th16apr24img_2896

ホノルルから関空へ向かうJAL機内食。4月。だいぶ前のことなので、何食べたのか、記憶が戻らない。ビーフ何とかだったんだけど。

一緒に出て来たアイスクリーム。フラの絵柄がいいねえ。

 

フラで思い出した。ホノルルのスーパーマーケット(ホールフーズ)で買ったパイナップル・ワイン。なるほど、パイナップルの香りと味、ちょっと尖った白ワインでしたが、まずまずのお味でありました。フラ嬢の絵柄ラベルのほうはスパークリングワインでした。

さて、そのホノルルでは真珠湾を見に行って、アリゾナ・メモリアルに行った。途中で見える軍艦が「ミズーリ」。日本の降伏文書調印で歴史に名をとどめた戦艦であります。

th16apr24img_2757

「ミズーリ」を左に見ながら「アリゾナ」メモリアルに着く。確かに海底から今も浮き上がって来る油をこの目でしっかりと見ました。

th16apr24img_2787

とにかく日本軍を悪者にして国民の結束を促す生きた博物館であります。くやしいが、言い訳出来ない。結果はだまし討ちになってしまったんだから。

th16apr24img_2793

この永遠に等しい年月たゆまず浮き上がって来る油は艦とともに沈んで死んだ水兵たちの怨念みたいに感じました。いまだにアメリカの年間カレンダーには12月7日が「Pearl Harbor Remembrance Day」と明記されているのです。日本はこのことを決して頭から忘れ去ってはいけないと思います。悪いことをした、という意味合いではなく、アメリカ人の大方の国民がまだまだ「真珠湾」をそう捉えているという事実を、忘れてはいけないと思うのです。日本人はこういうことを結構早く忘れる。しかし、肉食のアメリカ人は決してわすれてはおりませんぞ。

それにしても、行ってみて良く判りましたが、この狭い真珠湾でよくもまあ魚雷攻撃を成功させたな、と、当時の帝国海軍航空隊の技量に改めて感心した次第。雷撃進路に入るには手前側の陸地にあるヒッカム飛行場(今のホノルル国際空港)のすぐ傍を低空で飛ぶ必要があります。敵の航空基地の真横を低空で飛ぶなんてこと、正気では出来ないですね。日本の海軍将兵はすでに宣戦布告がなされているものと認識して攻撃をかけているのですから、空軍基地から迎撃機が上がって来るのを覚悟していたはず。もしアメリカが待ち構えていたら、対空砲火で蜂の巣でしょう。その覚悟を思うと凄いなあ、と感じるのであります。行ってみないとわからないことって、あります。そして、超低空の雷撃進路で真珠湾の水面に入ったらもうすぐ目の前に戦艦の線列が迫っています。そこから魚雷投下までおそらく秒単位の時間しかなかったでしょう。これはもう訓練の賜物としか言いようがない。

あれ、食事でしたね。

8月、日本へ行くときに出た「カツカレー」。カツの味がもうひとつでありましたが、久々のカレー、美味かった

th2016octdsc01789

成田着陸前の朝食は「お粥」さん、嬉しかったですね。塩味が足りなくて少々期待外れでしたが、とても美味しかった。これはずっと続けてほしいメニューです。

th2016octdsc01791

帰る飛行機の夕食では「カツ丼」を頂きました。(カツと名がつくと思わず手が出る、哀れな条件反射)まあまあの味。機内食としては十分でした。

th2016septdsc02102-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

そして、ニューヨーク着陸前の朝食は「エアー・吉野家」

th2016septdsc02104

一緒に帰った家内は今ひとつ喜んでおりませんでしたが、私は喜んで食べた

この10月に往復した際の朝食も「エアー・吉野家」でした。そろそろメニューが変わりそうな時期ですね。次はなにに変わるのかな?「エアー・ケンタッキー(KFC)」?それとも「スープストック東京」?はたまた「エアー・モス(モスバーガー)」か?

th2016octdsc02694

話が前後しますが、10月の成田発の時の食事は「チキン」。「シン・ゴジラ」を見ながら食しました。何時も味噌汁が付いているのでありがたい。

th2016octimg_5634

日本到着前の「お粥」といい、JALも頑張ってます。8月の時のお粥の味は塩味が薄くて、どうかな?と思ったんですが、10月の帰国の時にはしっかりと塩味が効いておりまして美味。(去年4月に乗ったANAの駅弁風お弁当朝食も結構良かった)

話変わりますが、「シン・ゴジラ」を行きと帰りに1回ずつ、2回見ました。面白い。ゴジラが主役なのだけど、人間模様がすっごく面白い。怪獣映画というより、怪獣をネタに日本の政治家のあたふたとした言動とか、方針決定の段取りとか、自衛隊のきびきびした行動が印象的でした。石原さとみも良くやってる(ちょっと脚本がオーバーシュートしてるように思ったけど、それは、それ、映画だから)、市川実日子が超いいね、あのクールさは最高の演技。最後の最後に笑顔を見せる所なんか泣かせる。とにかく、ありそうな人物なさそうな人物がゾロゾロ出て来て、楽しめたなあ。監督がいいと映画って全然違った出来映えになるんですね。日本滞在中に劇場で見ようと思ってたんだけど見損ねた。治療を優先したことが第一なんですが、治療後の脱力感は相当のもので(大変な疲労感を覚える)多少暇ができても映画館に脚をはこぶ気力が出なかった、というのが真相。後日BDが出たら買って、また見よう。飛行機の5インチくらいの画面じゃわからない部分が多いと思うし。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

駅弁2016


dsc02658

食い物連載続けましょう、今日は「駅弁」

dsc02660

新神戸駅で買った二重箱弁当、ついでに神戸ワイン(白)も。「たこ飯弁当」。「ヒッパリたこ飯」に比べたらタコがちょこっとだけだけど、弁当全体としては美味しい。重箱がプラスチックのくせに魅力的だったので洗ってアメリカに持って帰った。時々使ってる。

dsc02661

タコがチョロチョロ、でも米の味は美味かった

dsc02663

おかずも美味しく頂きました

dsc02662

さて、尾張名古屋で買った駅弁は二種類

ひとつ目は文句無しに「味噌カツ」弁当

th2016octdsc02381

これは前にも登場したけど、再び掲載、名古屋で駅弁買う時は「味噌カツ」が大半を占める。カツが好きだし、味噌が美味いもの。

th2016octdsc02382

そしてふたつ目は、「鶏肉弁当」、名古屋コーチンは有名だものねー

dsc02667

味付け(ちょっと甘め)が美味い、そぼろも米もやや甘めの味付け、左党には向かないかもね

dsc02668

さて、神戸から長野に行くルートは3本あって(名古屋経由、東京経由、金沢経由)、北陸新幹線が開通してからは、時として金沢回りで「サンダーバード」という特急に乗ると早いケースがある。これは金沢で買ったちょっと豪華駅弁。確かに、食材が吟味されてあるようで美味しいものでした。が、貧乏性の私には「ヒッパリたこ飯」程度の駅弁が一番あってるみたい。

th2016octdsc01861

列車のシート選択でも何時も「窓側」をリクエスト。昼飯時の駅弁は発車前にホームに止まっている時は弁当を広げない、列車が動き始めるとともにやおらビール(ときにはワイン)を飲み始め、車窓を流れる景色を眺めながら食べ始めるのであります。素朴な、楽しみです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

三叉神経痛再治療(4)食事


朝食

dsc02611

ホテルが取れないので2泊だけ施術室(道場みたいな感じの広間)に泊めていただきました。朝昼晩の食事付き。

朝食の玄米はお粥タイプ。どちらかというと「お茶漬け」に近い感じ。

dsc02612

スープはカボチャのスープ

dsc02613

野菜とリンゴ付き

dsc02614

すっきりとした美味しい朝食でした

昼食。この日はカレー。私、カレーライス大好き人間。

dsc02615

夕食(だったと思う)

dsc02616

タラの入った水炊き。美味かった。ペーストみたいな黄色いのはカボチャをすり潰したもの。これも美味しく頂きました。

翌朝の朝食

dsc02643

再び玄米お粥

dsc02644

そして野菜にリンゴ

dsc02645

私は朝食をあまり食べないほうなのでこれで充分な食事となります

再び昼食

dsc02652

ラーメンを頂きました、わたし、ラーメン大好き人間

dsc02653

大沢商会の健康食ラーメンですが、おいしい味噌味にしていただいて野菜たっぷりラーメン、美味かった。野菜の煮物とサラダと葡萄もついて、これで充分。

さて、これが⬇️晩ご飯だったか、別の日の昼食だったか記憶がとんでおります。先生手作りの豆腐は美味しかった(右下の四角いやつ)

dsc02670

まだまだ続きます。この日はオデンでありました。おひたし、味噌漬け、味噌汁、美味しい。

デザートは梨でした。日本の梨は美味いですねー。

dsc02677

こういった食事を治療の2週間、ほぼ毎日頂いたのでありました。途中、抜けた日もありましたが、これはこれで私としては抵抗無く美味しく食させて頂いたのであります。

帰り際に「マクロビオティック」の料理本を取り寄せていただいて、アメリカで自分用に自分で料理することになりました。まだ、今日の時点では玄米を土鍋で炊いたところですが(見事に焦げた、御焦げが美味しい玄米となった)、実行に移していきつつあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

三叉神経痛再治療(3)結果御報告


三叉神経痛の治療の為に日本に帰ってました。10月10日出発26日帰国。写真は帰国便のJAL4便。JFK空港です。

th2016octdsc02701

三叉神経痛の何たるやは皆様のネット検索に御任せいたしまして、私の場合は歯磨き・食事・会話の際に左下唇に劇痛が走るという症状。2年前に一度は完治したのですが、調子にのって仕事に遊びに無理を重ねていたら再発してしまった。口に痛みがくるのですから食事が上手く出来ない。おかげで、この9月から10月の1ヶ月で5キロ体重が減った。(好い事と言えば、減量したおかげでジーンズのサイズが36インチから34インチに落とせたということくらいか)トロンボーンも吹けない。

こりゃいかん、ということで急遽、長野市安茂里にある「高橋健康指導センター」という整体師を再訪、治療を受けました。約1時間の光線による体各部の温め・緩めと、その後15分の手足・腰・肩・背骨の整体がワンセットで、2週間で合計16セットの治療を受けました。殆んどが午前・午後の1日仕事、途中のお昼には高橋先生のマクロビオティック食。

dsc02616

玄米食にカボチャやごぼう・レンコン、おひたし等等

dsc02670

美味しい昼食をいただき、後は昼寝。この昼寝も治療の一環で、体を休めるための時間であります。実際、午前中の整体治療の後ではぐっすりと昼寝が出来て1時間以上寝ることが殆んどでした。

午後のセッションを終わるともう5時。ゆっくりとホテルに帰って、夕食は一人で「戸隠蕎麦」を食べる。長野駅近くに「大久保西の茶屋」という戸隠蕎麦を食べさせるお店があって、ここの蕎麦は本当に美味しい。

残念ながら完全に痛みが消えたわけではないのですが、お陰さまで9割がた恢復。あとの1割は自助努力。ということになり、帰国した次第。完治にはあと1ヶ月か2ヶ月滞在しなければならないと思いました。体の歪みが2週間程度では正常に戻らないのでしょう。今年いっぱい長野に居るということはちょっと長すぎ。滞在費用と治療費用、私個人のアメリカでのスケジュール、そして高橋先生の他の患者さんの治療スケジュール、を勘案しましたら、今回は此処までがキリの良いところでありました。

th2016octdsc02609

私の背骨は腰骨の歪みからS字形に曲がっていて、頚の骨も左に傾いております。(添付写真のように曲がっているのです、写真例は右傾斜ですが、私は左傾斜)左の肩が下がっているのが見て取れます。って、ここまで書いて気がついた、鏡だから逆、私の左肩はすでに上がっているではないですか。どうやら整体治療の効果が出ている写真ですね、これは。首も真っすぐになってるし。この写真はアフターの写真になるから参考になりませんね。失礼しました。間が抜けた表情で写っております。これが私です。

th2016octdsc02619

この傾きが神経を刺激して痛みを発症させております。頚の骨が頭蓋骨を支えている部分に脳幹があります。首がまがっていると脳幹に接している蝶形骨が歪んで神経に悪戯するというシステムのようです。

首の傾きを矯正するのに頸骨を真っすぐにすればそれでいい訳ですが(実際、カイロプラクティックでは機械でガツンと矯正します)、骨盤が傾いたままだと背骨が体の平衡をとろうとして曲がっているのでなかなか正常にはもどりません。したがって「骨盤調整」という方法は一見遠回りですが、原因になる不整合部分から治して行くという理にかなった治療です。骨盤が水平を保てるように調整されると、背骨も曲がってはおられないので真っすぐになり、それに伴って首も真っすぐになるわけ。

問題は、骨盤調整をしたからといって早々に背骨が戻ってくれる訳ではないので、時間がかかる治療法です。2〜3ヶ月逗留できればいいのですが、前述のような諸般の理由で半月で一旦終了ということになりました。

これから毎日以下の自己治療を実行することとなります:

①早寝早起き:体が一番休まるのは午後11時から午前2時の間

②柔軟体操:体が硬いのは問題が多いので、首、腰、肩、背筋を柔らかくする必要がある

③マクロビオティック食事:食生活の改善は薬と同じ効果を生む

これらの励行で100%痛み排除にいそしむのであります。

とにかく「整形外科」で薬を飲んだり(テグレトールを飲むのは緊急避難としては必要ですが)脳幹をメスでいじくったりという西洋医学は絶対に避けたい、と思っております。自分の生活習慣を改善することは簡単ではありませんが、最良の方法だと信じております。

PS:今回の治療中に、私の以前のブログを見て「高橋健康指導センター」を訪れる気になった、という三叉神経痛でお困りの方に御会いすることが出来ました。とても嬉しかったです。少しでも良くなられることを祈願してやみません。旦那さんが同道されておりました。病を機に夫婦の絆がさらに深まることもありですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)14


th2016septimg_9062

豪快なデルタ

th2016septimg_9067

th2016septimg_9070

フォードリー(私にはそう聞こえる、わけわからん)

th2016septimg_9072

いきなり水平ブレイク

th2016septimg_9074

いやそのダイナミックなこと

th2016septimg_9083

すぐにデルタにもどって、急上昇

th2016septimg_9123

th2016septimg_9126

頂点から下方空中開花

th2016septimg_9133

th2016septimg_9143

バラバラになった各機が一点交叉

六機一点交叉です

th2016septdsc02218

th2016septdsc02219

正面からデルタブレイク

th2016septimg_9157

最後はデルタから一機づつブレイク

リーダー機からブレイクしていって各機着陸で展示終了

th2016septimg_9176

満足満足のオシアナでした

th2016septimg_9179

いやあ楽しかった、私の今年のエアショー見物もこれにて終了

あとはちょっとした落ち穂拾いの写真を順次アップしていきましょう

御閲覧ありがとう御座います

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)13


th2016septimg_8926

ラインアブレスト・ループ

th2016septimg_8935

背面クロス、あんな低い所でようやる

上方空中開花

th2016septimg_8945

四機一点交叉

4planesth2016septdsc02209

正面で交叉するために低空で高速接近する5番機

 

th2016septimg_8946

クロス後機首あげ

th2016septimg_8958

もう一度クロス

ダイアモンドループ

th2016septimg_8971

th2016septimg_8989

水平飛行に移るとそのままブレイク

th2016septimg_9001

th2016septimg_9011

豪快

ソロ二機のスローパス

th2016septimg_9016

ダイアモンドブレイク

ソロ二機の同時ロール

th2016septimg_9040

トレイルトゥ、、、、何だっけ?

th2016septimg_9045

デルタ、続きはまた明日

th2016septimg_9056

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)12


th2016septimg_8710

さあ、どんどん写真をアップして行きましょう

th2016septimg_8716

th2016septimg_8755

th2016septimg_8759

この演技高度の低さ、いいですねー

th2016septimg_8779

ソロの会場正面でのクロス

エシュロン・パレード

再びソロのクロス

th2016septimg_8853

エシュロンロール

スニークパス

th2016septimg_8869

来た来た来た来たあ、この近さ、凄いです

th2016septimg_8871

私も必死でカメラのフレームからはみ出さないように狙い続けます

th2016septimg_8875th2016septimg_8876

あちゃ、外れた

th2016septimg_8877th2016septimg_8880

すっごい迫力

th2016septimg_8882

音速に近い戦闘機が目の前を通過するという経験はそうざらにあるもんじゃないです

th2016septimg_8883

興奮しましたねー

th2016septimg_8884

この会場正面のスニークパスがおわるやいなや、会場後方から6番機がもう一つスニークパスをぶちかまします

th2016septimg_8887

「ブルーエンジェルス」はやっぱり世界最高峰でしょう!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)11


閑話休題、オシアナに戻りましょう

三叉神経痛の整体治療はまだ長野にて継続中なのでエアショー報告をさきに終わらせましょう(今はホテル暮らし)

「ブルーエンジェルス」4機編隊がスモークを焚いてスタート

th2016septimg_8552

しかし滑走が始まるとすぐにスモークは消えてしまいます、アフターバーナーをオンしたのでスモーク用オイルが燃えてしまうからです

th2016septimg_8556

4機編隊離陸したあと、スーッと4番機(スロット)がダイアモンド位置に移動します、これは「サンダーバード」はやらない

このダイアモンドのまま上昇してループを見せます

th2016septimg_8588

ソロ機は4機編隊とは滑走路の反対側から離陸

th2016septimg_8592

二機同時に離陸する

th2016septimg_8595

5番機はスピードがのっていないのにも拘わらず機首あげ

th2016septimg_8598

豪快に上昇にうつる

th2016septimg_8601

エンジンをフルスロットルで力任せに上がっていくのであります

th2016septimg_8604

オポジットソロの6番機(予備機使用なので機体は7番機)はローアングでスピードをあげる

th2016septimg_8605

脚を引っ込めてもとことん低空増速していく

このとき5番機は降着装置を出したまま上空でロールしております、6番機(7番機)は滑走路端で急上昇

th2016septimg_8636

5番機が低速低空ロールして高度を失ってこれもエンジン全開で増速して行きます

th2016septimg_8638

このソロ機二機の離陸ショーは見ものであります

すかさずダイアモンドが最初のループを終えて戻ってくる

th2016septimg_8645

このタイミングたるや絶妙、観客を待たせません

th2016septimg_8654

それにしても演技高度の低いことよ

th2016septimg_8662

続いてダイアモンドロール

ソロの大胆なクロス

th2016septimg_8691

ダイアモンドの同時ロール、低空ですこし距離をおいたダイアモンドで進入

th2016septimg_8697

th2016septimg_8700

ちょい機首を上げたかと思うとロールに入る

ダイアモンドで退場

th2016septimg_8706

続きはまた明日

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

三叉神経痛再治療(2)


いよいよ日本です、富士山が遠くに見えてきました

th2016octimg_5628

こうやって富士山を見つけると、ほんとうにホッとします、「祖国」です

早速名古屋経由で木曽路を(特急「しなの」に乗って)北上

th2016octdsc02418

木曽路はいいなあ、大好きです、この木曽路を眺めながら駅弁を開くワクワクもまた良し

th2016octdsc02381

どこがビックリなんか良くわからなかったけど、多分サイズが大きめなんでしょう、味は「駅弁」のそれ、味噌が別袋になっていて「良し」でした、これから暫くは整体の先生の作る「食養」料理を食べなければならないので普通食はこれが最後

th2016octdsc02382

木曽路は発電所や吊り橋が続くし山岳の景色もすがすがしい

いいなあ、柿の木

th2016octdsc02541

稲刈りが終わった田んぼ

th2016octdsc02550

姨捨駅あたりから見る長野市

th2016octdsc02570

綺麗に整頓された稲束

th2016octdsc02593

篠ノ井駅でローカル線に乗り換えて「安茂里」駅へ向かうと、目的地の「高橋健康指導センター」に到着、治療が始まります

私の体はまさに下図の曲がりくねった背骨そのものであります

th2016octdsc02610

私の場合は右下がり左上がりなので、丁度逆の方向に歪んでいるのであります、この絵で説明するとこうなる

骨盤が左下がりになっているので右が上がり気味になって、脚の長さが「右足が短い」という外見上の異常となって出て来る

背骨が骨盤の傾きによってS字形に曲がってしまっている、これは骨盤によって背骨が左に傾くのだけど、人間の体は傾いたままという姿勢では生活出来ないので、自然に背骨を歪ませて右へ曲がらせて、再度頚のところでS字形に曲がって頭を支えることになる、ところがこの「頭」というやつ、重さが6キロくらいあるので頚の骨にとっては傾いたままの生活をつづけると、負担が大きくて何らかのきっかけで神経がどこかに接触する状況となるのであります、頚の骨の中にはちょうど顔面の色んな箇所の感触を収集するセンサーとして三叉神経という敏感な神経が張り巡らされていて、脳幹の部分で変な接触(電気でいえばショートみたいな感じ)があると、幻の痛みとして認識して脳に信号を送ってしまって「ビビビビビ〜」っと強烈な痛みが顔の何処かに走るのです、私の場合は左下あごの唇に痛みが来て、歯磨き出来ない、洗顔出来ない、水飲めない、食事出来ない、のナイナイづくしとなります

2年前に発症して一旦は完治する所までいったのですが、今年の冬(2月)に大寒波の中、日本に出張したりして体を酷使していたら「再発」してしまった

暫くはだましだまし、日常を暮らしておりましたが、先月ころから痛み増大、先々週急遽帰国して高橋先生に整体治療を施術して頂くことを決心、今回の「一時帰国」となった次第であります

現在治療進行中、だんだん痛みが軽減してきております

治療の内容については「完治」後御報告いたしたいと思います

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

三叉神経痛再治療(1)


三叉神経痛がまた酷くなってきたので急遽日本に行くことにした

目的地は長野

JFKからJAL便に乗って出発、東京ーニューヨーク間の便を開設してから50周年らしい

th2016octimg_5505

主滑走路手前で順番待ちしているときに撮ったジェットブルーの離陸

th2016octimg_5511

デルタの着陸

th2016octimg_5514

我がJAL機の後ろに並ぶ離陸順番待ち機

th2016octimg_5516

離陸して見えてくるジョーンズビーチ

th2016octimg_5530

ファーミングデールのリパブリック空港

th2016octimg_5537

ロングアイランドです

th2016octimg_5549

海はロングアイランドによって大西洋から仕切られているので内海、「ロングアイランド・サウンド」と呼ばれる、コネチカットから見たロングアイランド・サウンド

th2016octimg_5550

ニューヘイブンの「Tweed New Haven Regional Airport」

th2016octimg_5553

名称不肖の地方空港、マサチューセッツ州かバーモント州

th2016octimg_5571

ニューヨーク州にまた入って来て、ニューヨーク州北部のアディロンダック山系の紅葉

th2016octimg_5579

th2016octimg_5582

アディロンダックは州立公園になっていて、信じられないくらい広い面積であります、冬期オリンピックで有名なレイクプラシッドもこの山系にあります

th2016octdsc02344

モントリオールを遠望

th2016octimg_5591

モントリオールの空港「Aeroport international Pierre-Elliott-Trudewu de Montreal」カタカナで表示すると「ピエール・エリオット・トルドー空港」、言わずと知れたトルドー首相の名前を冠した空港でカナダとアメリカの路線を担う

th2016octimg_5594

そして、モントリオールにはもうひとつ「国際空港」があります、「Aeroport international de Montreal- Mirabel」国際空港、ミラベル空港と呼ばれる北米路線以外の国際空港です

th2016octimg_5607

カナダの国内エアライナー「ウェスト・ジェット」とクロスした

th2016octimg_5612

ケベック州の中程で見た、教科書の絵本みたいに蛇行する川

th2016octimg_5617

「Mont-Tremblant International Airport」Lac Chaud湖に面してる面白い立地の空港

th2016octimg_5622

機窓から飽きず外を眺めている私であります

飛行機は今回かなり北回りのルートをとりました

th2016octdsc02350

何時もの南よりのルートは気流の悪い処が多いので遠回りしたものと思います、それでも今回は何時もよりよく揺れた

th2016octdsc02352

おかげてシベリア北部の海岸を見る事が出来た

th2016octdsc02354

樺太の間宮海峡側の海岸

th2016octdsc02355

JALは最近、朝食に「おかゆさん」を出してくれるようになった、見かけは悪いが、これは旨い、今までのようなマカロニのサーモン添えのようなイタリアン風より遥かにいける、「お粥」は今後も続けて欲しい

th2016octdsc02359

前回初めて食した時には塩味が薄い感じがしたんだが、今回はしっかり塩味もきいていて旨かった

ということで、三叉神経痛の治療が始まったのであります

治療の詳細御報告は後日

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)10


粛々と発進準備が続く、エンジンが掛かる、と

、6号機に人が集まる

th2016septimg_8499

エンジンがギンギンに廻る中、問題発生

th2016septimg_8501

ラダーも降ろされる、キャノピーが開く

th2016septimg_8502

エンジンを止めて6晩機パイロットは降機

th2016septimg_8503

迷わず7号機(予備機)を使う事になる

th2016septimg_8504

そういった一連のトラブルが発生しても「ブルーエンジェルス」残り5機の出発手順は進む、スモークチェック

th2016septimg_8507

スモークチェックの煙の中をバンに乗った6号機パイロットは予備機へ走る

全機が出発した数分後、7番機が出て来た

th2016septimg_8538

6号機パイロットが乗った7号機が一目散に5機を追いかけます

th2016septimg_8540

トラブル機から予備機への転換の早さは誠にズムーズ

th2016septimg_8545

老朽化しているF/A-18「レガシー・ホーネット」を使っている哀しさ、こういう機体交換は結構よく起こります、5号機の後を追いかける7号機

th2016septimg_8550

この予備機登板も最近はデモの科目のひとつみたいな雰囲気であります

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)9


いよいよ「ブルーエンジェルス」登場

昨日と同じくパイロットはキーパー(機付き整備員)とハイタッチをかわしながら登場、クルーチーフも位置につきます

th2016septimg_8465

整列・ウォークダウン開始

恰好いいですねー

th2016septimg_8469

夫々の飛行機に分散していきます

th2016septimg_8475

乗機

アナウンスを続ける「7」

th2016septimg_8479

夫々の機のパイロットは準備に忙しい、整備員がサポート

th2016septimg_8480th2016septimg_8481

整備員降機、ラダーを収納する

エンジン始動は明日

私は本日(10日)から日本に一時帰国します、これからのアップは日本から行いますので、作業が遅れることもありますので悪しからず御了承下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)8


ホーネット(レガシーホーネット)とスーパーホーネット(ライノ)の飛行後のパレード

th2016octimg_5378

アグレッサーは「レガシーホーネット」であります

th2016octimg_5390

th2016octimg_5399

th2016octimg_5404

th2016octimg_5410

th2016octimg_5420

P-51「マスタング」

th2016octimg_5433th2016octimg_5436th2016octimg_5437

パラシュート降下

th2016octimg_5439

アメリカ軍は戦時捕虜を大事にします、死んでも屍は戦場に残さないで持ち帰る

アメリカ大統領候補のトランプが『マッケイン(上院議員)なんて英雄でもなんでもない、ただのPOW(戦時捕虜)じゃないか』と口走って全米から顰蹙をかったのはつい先月のこと、そんな奴を3軍の最高指揮官に頂くことはあり得ませんね、落選しますよ

th2016octimg_5365

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)7


th2016septimg_8174

「スーパーホーネット」の単機デモフライト、ハイアングルテイクオフでした

th2016septimg_8175

高空から急降下したあと水平飛行へ移行する時に、機体後尾を下げてドンとブレーキを掛ける機動、一瞬ベイパーが発生する⬆️

⬇️水平飛行から急激に引き起こす時にも同じ現象がおこります

th2016septimg_8193

タッチアンドゴー

th2016septimg_8243

ローアングルを持続します

ゾクゾクするような緊張感

th2016septimg_8259

低空飛行の醍醐味であります

th2016septimg_8263

とことん機首をあげない

ここでやっと機首あげ

th2016septimg_8291

最後は高速ナイフエッジパス

th2016septimg_8304

ベイパーコーンが発生しかかりましたが、不発でありました

th2016septimg_8315

その代わり、地上ではパイロが派手にドカーン

th2016septimg_8321

こういうの、迫力ありますよ

th2016septimg_8326

スモークをかいくぐって着陸しました

th2016septimg_8327

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)6


ちょっとひと休憩

th2016octimg_5143

E-6B「マーキュリー」です

th2016octimg_5144

御存知ボーイング707-320からの派生機であります

th2016octimg_5145

いかめしいドームやアンテナがこの飛行機の性格を現しております

最初見た時に、これって空中給油装置?って思ったんですが、間違いみたい、潜水艦の使用する超長波無線に対応するアンテナをここから出すみたい

th2016octimg_5148

この飛行機、いろんな仕掛けがあるみたいです

名付けて「通信中継・空中指揮」機、16機しか製造されてません

潜水艦支援のためにこんな飛行機を16機も作るっていう徹底したシステム化を計るアメリカって言う国、勝つ為の方策はどんどん進める合理性、おろそしいものを感じる

th2016octimg_5152th2016octimg_5153

やっぱり、この国は「本気」がありますね

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)5


F/A-18「(レガシー)ホーネット」ローアングルテイクオフ

th2016septimg_7328

ズーッとローアングルで増速、やっとここで急上昇

th2016septimg_7335

オシアナはホーネットの戦闘機部隊の本拠地であります、もう、飽きるほどホーネットがいる

th2016septimg_7344

「レガシーホーネット」と今は呼ばれているオリジナルF/A-18の飛行展示が始まりました

th2016septimg_7424

ナイフエッジパス

th2016septimg_7426

これでもか、というくらい水蒸気が発生しております

th2016septimg_7431

いまは「スーパーホーネット(ライノとも呼ばれる)」が幅をきかせておりますが、デザイン的にはこのオリジナルがスッキリしていて私は好き

th2016septimg_7443

飛行展示を終えて着陸

th2016septimg_7458

観客席の前を行進

th2016septimg_7460

パイロット

th2016septimg_7467

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)4


th2016septimg_7643

パイロを使ったドンパチは1日目のレポートで紹介してあるので2日目は割愛、ヘリの敵地進入離脱を特集しましょう

th2016septimg_7647

シコルスキーSH-60の登場、独特の尾輪から着地するランディングを見せます

th2016septimg_7653

レンジャーを降ろすと直に避退します

th2016septimg_7655

征圧戦闘が行われた硝煙の中を再びアプローチ

th2016septimg_7660

戦闘機が援護

th2016septimg_7662

二機が戻って来ます

th2016septimg_7674th2016septimg_7675

硝煙のなかを着陸

th2016septimg_7685

レンジャー乗機

th2016septimg_7687

一気に離脱

th2016septimg_7690

機内ではどんな会話が交わされているのやら

th2016septimg_7693

ヘリコプターのデモでした

th2016septimg_7697

再びホーネットが戻って来てフォト・パス

th2016septimg_7619th2016septimg_7622

空中給油デモ

th2016septimg_7705

ナイフエッジパス

th2016septimg_7727

th2016septimg_7732

四機編隊から着陸へのブレイク

th2016septimg_7748

順にブレイクしていきます

th2016septimg_7752

最後のブレイク

th2016septimg_7756

三機編隊の場合はエシュロンで進入してそのままブレイク

th2016septimg_7759

th2016septimg_7768

これにてオシアナ部隊の戦技デモを終わります

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)3


th2016septimg_8367

またもやジェットトラック!ボンボンボン、ボンボンボン、ボボボンボンという三三七拍子のアメリカ版でアフターバーナーを吹かす

th2016septimg_8394

これほど人の集まる見せ物も珍しい

th2016septimg_8401

もうもうと煙を排出、「ブルーエンジェルス」のクルーもあっけにとられて見てしまう

th2016septimg_8429

さて、飛行機との競争が始まる、スタート、スタント機は昨日と同じロブ・ホランド

th2016septimg_8431

背面で挑戦

th2016septimg_8437

昨日は負けましたからね、きょうは気合いが入ってます

th2016septimg_8438

本日は飛行機の勝ち

th2016septimg_8443

アメリカのエアショーはこういうのがあってとても面白い、さて、いよいよこれからはF/A-18の出番であります、オシアナを根拠地とする戦闘部隊の戦技デモが始まります

th2016septimg_7471

二機が編隊離陸を見せる

th2016septimg_7474

すっごい轟音、これから後は全部「ホーネット」ずくしであります

th2016septimg_7478

th2016septimg_7482

次々と離陸を見せます、単機離陸の様子を乱打

th2016septimg_7506

 

th2016septimg_7529

th2016septimg_7549

th2016septimg_7571

th2016septimg_7582

th2016septimg_7598

th2016septimg_7603

th2016septimg_7606

全部上がりました、ヤッカマしかったあ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)2


th2016septimg_7978

快晴のなか、F-22「ラプター」登場⬆️もうれつなベイパーをまとってナイフエッジ・パスを見せる

th2016septimg_7993

思う存分のアクロを披露

th2016septimg_8000

そして、渾身のハスピードパス

th2016septimg_8015

ベイパーがまとわりついております

th2016septimg_8022th2016septimg_8023

最後はベイパーコーンまで

th2016septimg_8026

超音速ではここまで水蒸気が発生しないのでアフターバーナーを焚かず、通常のエンジン出力でのハイスピードパスでした

そのあとは、ゆったりと「テキサン」のアクロ展示

th2016septimg_6974

この飛行機のローパスも見応えあり

th2016septimg_7021th2016septimg_6987th2016septimg_6997

海軍仕様の「テキサン」はSNJと呼ばれております、私には何処がちがうのか全然わかりません

th2016septimg_7029

ジェットグライダーはこのT-6が降りて来てから離陸しました(ご紹介が前後してしまった)

th2016septimg_7030

この頃は観客もまばら

th2016septimg_7036

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)


二日目の午前中は雲ひとつない快晴、ジェットグライダーのスモークが引き立ちます

th2016septimg_7068th2016septimg_7089

低空でこれだけの主翼幅を持った飛行機を傾けるのは、よほど機体を熟知していないと出来るものではありません

th2016septimg_7093th2016septimg_7132

ダイナミックですねー

th2016septimg_7144

相変わらず、下に降りて来たら奥さんのお世話にならなければいけません

th2016septimg_7158th2016septimg_7161

次は、P-51「マスタング」(昔は「ムスタング」と我々は発音しておりましたが、最近の流行で「マスタング」と書きます。しかし、正直なはなし私の耳にはアメリカ人の発音は『ムスタング』と聞こえる時がおおいんです。どうやら「マ」と「ム」の間みたいな微妙なところのように思います。昔の人の耳が正直だったんじゃないかしら)の離陸

th2016septimg_7903

二機の編隊離陸、恰好いいですねー

 

th2016septimg_7909

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(二日目)朝


9月11日の朝は6時頃目覚めて6時半にコンチネンタル・スタイルのホテルのアメリカン朝食を取る。ホテルは朝食付きなので食べなきゃ損。7時半にはホテルを出て8時前にオシアナの正門に到着してしまった

th2016septdsc02188

早すぎたかな、「入れてくれるやろか」と思っていたらすいすい中へ入れられて(ここらへん、わりと時間にルーズ)基地内を渋滞なしでドライブ

th2016septdsc02195

まるでオモチャ置き場みたいに無造作(そう見える)に集められたF/A-18の群れを横目に兵隊さんの指示に従って車を走らせる

今日は管制塔がえらい遠くに見える滑走路(横風用滑走路を駐車場にしてる)に誘導された

th2016septdsc02198

着陸痕があるので結構生々しい

ここに車を留めて歩くのであります

滑走路の脇にアレスターみたいなのがある、多分着艦訓練の時のアレスターではないでしょうか

いやあ、それにしても、エアショーは「歩く」、いい運動になります、あの管制塔の向こう側にあるブリーチャーシートまで、ひたすら歩く

th2016septdsc02206

各戦闘部隊の入る格納庫、このエプロンも後で車で一杯になります

今日は快晴が続くだろう、と期待させる青空でありましたが、やっぱり午後は雲が出て来た、ブルーエンジェルスまでもたないのが毎度です

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(第1日目終了)


私はレストランで一人で食事をするのが嫌いなタイプ。心地よく無い。出来るならば、ホテルの自室でテキトーに食事を済ませます。オシアナ・エアショー第1日目の晩飯も、、、、

じゃん!

th2016septdsc02187

バーボン・ビーフ・ストリップ

良く判らないけど、バーボンウィスキーとバターで作ったソースを絡めたビーフと野菜とマッシュポテトの豪華版!

th2016septdsc02185

いちおうナイフとフォークで頂きました。これって、いわゆる「TVディナー」っていうやつで、スーパーマーケットに行けば冷凍食品売り場のケースに色んな料理がある。ホテルの部屋に電子レンジと冷蔵庫があったので出来たアイデア。熱々の食事とあいなりましたが、まともな舌の御仁が食すものではありません。私は喰えるけど。こういう三流・四流の味って、時々喰いたくなって来るんですよ。1回食べたら2〜3年はいらない、と思わせる超アメリカンな味。我が家人が一緒ならば、私が買おうとする前にストップを掛けること間違いなし。

正直なはなし、写真の上にうつっているビールのほうがよっぽど旨かった。ミルウォーキーの「スティール」というビールでIPA、なんとアルコール度8%でありました。ロング缶1本飲んだだけで酔った。

いい気分になったあとは、シャワーに入ってバタンキューで朝まで熟睡。幸せな時間ではあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(14)


th2016septimg_6727

ダイアモンドから「上方空中開花」(本当は「ヴァーティカル・ブレイク」といいます)th2016septimg_6730

ソロの交叉、こんな低いところでやってて、いいのかな

th2016septimg_6732

ダイアモンド水平ブレイク(「バレル・ロール・ブレイク」です)

th2016septimg_6790

バラバラになった1号機〜4号機は会場正面で「4機一点交叉」(「ロー・ブレイク・クロス」といいます)

超低速通過(「ハイ・アルファ・パス」といいます)

th2016septimg_6792

何だっけ?エシュロンからダイアモンドに隊形変化します(「ダイアモンド・タック・アンダー・ブレイク」と思う)

フランス語みたいな名前が付いた隊形(なんど聞いてもわからない「フルアードリー」と聞こえる)から6機水平ブレイク、たいへん豪快です

th2016septimg_6837

デルタでループして上昇したあと下方空中開花(「ループ・ブレイク・クロス」と申します)

th2016septimg_6877

th2016septimg_6893

この後、6機一点交叉が始まる、スリル満点

th2016septimg_5134

広角レンズをもったCanon SX60HDをノーファインダーで構えて連射しているので画面が傾いてしまった、とにかく興奮するなあ、ちゃんと決め事があって交叉してるんだろうけど、見てる分には「めちゃくちゃ」交叉してるように感じる(こういった画面の撮影にはSX60HDの広角と連射機能がフルに活躍します、一眼レフと望遠ズームだけの携行だと撮れない、それにレンズ交換などしている余裕ないし)

th2016septimg_5139

「デルタブレイクアウト」

th2016septimg_6895

何の変哲も無いように見えるブレイクなんですが、結構観衆には評判が良くて、歓声が出る

th2016septimg_6901

最後の科目、リーモートショーの時はこの「デルタ・フラット・パス」のまま会場を後にする

th2016septimg_6911

空港での展示の場合はデルタから単機ブレイクしていく、各機着陸にはいるth2016septimg_6918

これにてオシアナ・エアショー第1日目の御報告を終わります、雲の多い日だったので難しい撮影でした

誠に楽しい一日でした、明日も晴れの予報

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(13)


th2016septimg_6505

先ずは「ダイアモンド」から

th2016septimg_6520

ダイアモンドロール

th2016septimg_6537

ソロのクロス

th2016septimg_6560

いつもならが思うことは、ブルーエンジェルスの飛行高度が低い事

th2016septimg_6570

ソロも高度が低いので迫力が身近に感じられる

th2016septimg_6578

最小半径水平ターン

th2016septimg_6599

エシュロン・パレード

th2016septimg_6635

ソロのクロス

th2016septimg_6651

エシュロン・ロール

th2016septimg_6665

この時、左超低空からソロ5号機が忍び寄ります

th2016septimg_6671

超音速での接近なので音がしない

th2016septimg_6675

超低空・超音速

th2016septimg_6679

スニーク・パス、痺れます

th2016septimg_6680

この為に「ブルーエンジェルス」を見に行くといっても過言ではありません、ほぼ真横に見える

th2016septimg_6685

ラインアブレスト

th2016septimg_6697

ソロの背面交叉

th2016septimg_6712

等々演技が続きます

th2016septimg_6717

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(12)


th2016septimg_6402

1号機から順に発進であります

手で信号を送るクルーコーディネーター

th2016septimg_6414

次々に出て行く機体

th2016septimg_6417

全機発進後に到着の準備に走る整備士

th2016septimg_6418

th2016septimg_6419

滑走路へ向かう6機

th2016septimg_6422

滑走路でスモークの最終チェックをする4機

th2016septimg_6426

この後すぐに離陸

th2016septimg_6444

今日は風が強いせいかダイアモンドとソロが同じ方向へ離陸

th2016septimg_6462

5号機はいきなりハイアングルテイクオフ

th2016septimg_6466

5号機がハイアングルテイクオフ後車輪をだしたままロールする「ダーティーロール」を極めるなか、6号機はローアングルテイクオフ

車輪を収納しても低空飛行を続ける

th2016septimg_6491

滑走路の端でスピードが乗ったところで急上昇、ダーティーロールから復帰した5号機とクロスしながら上がっていくのであります

th2016septimg_6500

⬆️5号機はダーティーロールのためにスピードが殺されているのでアフターバーナーを吹かして渾身の力で飛行姿勢を立て直します、見ててはらはらします

実は、6月にテネシーで発生した6号機の事故はこの演技の離陸訓練の時です。急上昇した機体の姿勢変更する際に高度が低すぎたので墜落してしまったのでした。最近発表された事故原因調査は「パイロットミス」という判定がなされました。そして、ミスを誘発した原因として、あまりにも多い展示飛行の過密スケジュールがパイロットの疲労を生じさせたということです。従って、8週間に一度は休みを取らせるスケジュールを今年後半から導入することとなりました。今年の最初のブレイク日は10月29日・30日のパトゥクセント・リバー海軍基地(メリーランド州)になりました。このエアショーには「ブルーエンジェルス」は来なくなりました。見に行く予定を立てていたんですが、しかたないですね、パイロットの命が大事。よって私の見物旅行もキャンセル。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(11)


th2016septimg_5070

いよいよパイロットが登場して来ました、6号機から順に機付き整備員と握手やハイタッチをしながら出て来ます

th2016septimg_5083

整列

th2016septimg_5086

クルーコーディネーターも位置に着く

th2016septimg_5087

7号機パイロットがショーアナウンスを開始

th2016septimg_5089

ウォークダウンが始まる

th2016septimg_5091

夫々の機に分かれていきます

6号機搭乗

各機搭乗

キャノピーが締まる、すぐにエンジン始動

th2016septimg_5114

エンジンの出力が上がる

th2016septimg_5121

全部で12基のジェットエンジンの音はそうとうなもの、車止めが外される

th2016septimg_5124

見てる方も興奮して来る

th2016septimg_5126

スモークチェック、観客の興奮度最高潮

th2016septdsc02184

このあとすぐに機体が動き始める

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オシアナ2016(10)


F/A-18「スーパーホーネット(ライノ)」登場、ハイアングル離陸を見せる

th2016septimg_6297

高速通過

th2016septimg_6314

気温と湿度のせいかベイパーは僅か、続いてタッチアンドゴーからの低空飛行

th2016septimg_6355

th2016septimg_6363

ナイフエッジでの高速通過

th2016septimg_6377

T-6「テキサン」練習機

th2016septimg_6290

いよいよ「ブルーエンジェルス」の機体整備が始まった

th2016septimg_4945

th2016septimg_4946

「ブルーエンジェルス」は取りなので、いつも演技開始は午後3時であります

th2016septimg_4950

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ