COVID-19ワクチン接種プロジェクト


私は最近ワクチンというのを接種した記憶が無い。インフルエンザウイルスでさえワクチン接種は避けてきた。理由は、過去にワクチン接種をしたら決まって高熱が出たり数日の間はダルさが治らなかったりしたからです。

そんな私ですから、今般のコロナのワクチンもよそ事のように聞き流しておりました。健康でしっかりサプリメントを摂っておればコロナなど恐るに足りず、と励ましてくれる人が周りにたくさんいたりして、そういうもんだろうと思っておったわけ。

ところが、2週間位前『ワクチン接種の予約サイトがあるらしいぜ』というアメリカ人の友達からの入れ知恵があって、なんとなくNJの公式サイトを開いてみた。よんでいるうちに、なんとなく、実に何となく予約申し込みをしてみてみた。どんな展開になっていくのかちょっとした好奇心も手伝っております。そしたら、以外に早くレスポンスが来てしまったので

如何にも望みのありそうな文章

早速検索した

ちょうど真ん中の赤丸が私の済んでいるRIDGEWOOD

家の正面にあるVALLEY HOSPITALが歩いて行けるからいいなと思って、先ずは直近の5マイル以内で検索したら結果ゼロ、仕方なく10マイル50マイルと増やしてもダメ、結局最大の100マイル圏内まで広げても適合箇所なし、その日は諦め

翌日、改めて検索を入れると一箇所だけヒットした

赤丸が我が家、赤丸に1と書いてあるところがトレントン

なんと100キロ離れた、NJ首都のトレントンの病院が候補、行かないかも知れないけど取り敢えず申し込んで見るかと、プロセスを進めたが、結局空きは無し。ダメ元でご近所のVALLEY HOSPITALを見てみたら、『現在の供給状況に鑑み、新規の申し込みは受け付けられません』という表示

要するに、ワクチンの供給が無いということでしょう。現在は最初のロット分だけの予約を接種している現状で、新たな申し込みは受けられないということ。

そこで思い出したのが昨日のニュース。『トランプ政権は、ワクチンの配布プロセスについて何も行動を起こさずバイデン政権に移行した』という情けない現状。ようは、最初の供給をなんらかの基準でばら撒いたところまでは良しとして、あとは野となれ山となれ、政策放棄もいいところ。トランプが如何に『正義』と叫ぼうと『選挙の不正』を叫ぼうと、肝心の足元のワクチン供給をプランしてなかったというのは、サイテイの人間では無いか。こんな大統領の治世が今終わったというのは不幸中の幸いであります。おそらく、彼の失策・不作為の情報は今後あまた表面化するに違いありません。かねがね、昨年の感染爆発に対して何の対策も講じてい無いとことに大きな違和感を持っておりました。それだけに限らずいろいろな罪状がこれから明らかになっていくでしょう。バイデンさんが満点とは申しません。❓マークの付くことも多々ある。しかし、少なくともトランプよりははるかに良い政治をしてくれるでしょう。心からそう願っております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください