帰国(アメリカへ帰国)


11月7日にアメリカへ戻りました。伊丹から羽田への機内から見た富士山。雲の帽子を被ってますが紛れもなく富岳。

羽田の国際線ターミナル(現在の名称は第3ターミナル)でシカゴ行きのJAL10便に乗る

飛行機に乗って改めて旅客の少ないことに驚きました。乗ってる方は快適でいいが、航空会社は赤字運行ですね

(と書いたのですが、旅客機にはベリーカーゴという商業用貨物のスペースが大きいんですね、もしかしたら、そっちの貨物取り扱いで利益出てるかも?わかんないですが)11/17追記

離陸したらすぐに宵闇が降りてきます、東行きは夜が早い

シカゴ直前で夜があける

シカゴで12時間の乗り継ぎ待ち。ニューワーク行きの朝の便がキャンセルになって夕方の便しかないという情けなさ。アメリカン航空ではよくある事。アドミラル・クラブに行ってゆったりと時間つぶし。ターミナルの人の少なさには慣れっこになったけど、やっぱり寂しいですね。

一つ賢くなったのは、いままでシカゴで乗り継いでニュージャージーのニューワーク空港へアメリカン(JALのコードシェア便)航空で移動していたのですが、今回に限って委託手荷物の超過料金を取られた。どうやら私の思い違いだったらしくて、これまで料金を請求されなかったのは超過分が少なかったからみたい。今回は一番思いスーツケースで30キロあったから、いくらコードシェア便でも超過料金は請求されるらしい。16000円取られた。JALの自社便であれば全然問題なかったのに。それに、アメリカン(だけじゃなくてユナイテッドも)は平気でフライトキャンセルして旅客を後の便に纏める。結構フラストレーションがたまります。

今後は羽田(成田でもいい)からJFKへJALの直行便で帰る事に決めた。ニューワーク空港からのほうがウーバー代金が安いし時間もかからないのでいいんだが、シカゴでのフラストレーションとか超過料金とか勘案すると、もう絶対に直行便です。

今のところ、往路は関空便がロサンゼルスから飛んでいるだけなので我慢して乗り継ぎするけど、帰りは絶対JAL直行便。

コロナが収まってくれて羽田乗り換えができるようになれば、これも羽田・伊丹の便にする。16000円の貴重な勉強代です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください