ニューヨーク・エアショー2020最新情報


まず、ニューヨーク州知事のクオモの承認がおりた! これにて、開催決定!

それは、いいんだけど、開催会場がモンゴメリーのオレンジ・カウンティー空港に変更になった。随分前から噂は流れていた。主催者側がずっと否定してきたので皆モヤモヤしておりました、ここへきてそれが単なる噂ではなかった、と判明。開催のために種々検討してきたなかで情報が流れていたということでしょう。それに、空港自体がmunincial airportと言って民間機のための空港。戦闘機のサポート態勢なんて無いから、多分、元々のスチュワート空軍基地からのリモートショーになると想像。「スカイタイパーズ」くらいはここから離陸出来るだろう。

主催者からメールが来て、フォトピットの注文をした人は追加で50ドル払えば、好きな日の前列に車を停められる権利を得られるという。「ありがたい」お言葉。ただでさえ高い切符なのに、まだ金をむしり取るのかよ!もし、これに返事しなければ自動的に来年(2021年)のエアショーのフォトピットに権利を移行するとことらしい。ここは迷わず50ドルはらいましたよ。こんな変ちくりんなエアショーなんて、なかなか経験出来るものではないですからね。すぐに、FRONT 1という切符がメールされてきた。ま、これで最前列か二列目の位置を確保したことになる。土曜日に雨がふらないのを祈るばかり。

ドライブインシアターと同じ方式、アメリカならではなアイデア

いつもなら持ち込み禁止となっている食べ物飲み物は持参していいことになった。ビールはだめ、ソフトドリンクのみ。場所に着いたら車のエンジンは切ること。などなど、規則はあるが楽しめそう。

気がかりなのは、車がこんなにたくさん滑走路に面していて、しかも見物人がそばに固定されているのに「サンダーバーズ」がアクロ出来るか、ということ。彼らは空港の安全に非常にナーバスで、飛行航路に支障があるような駐車場は許可しないし、駐車している所に人が居ることを拒否してきた経歴があるからです。彼らのレギュレーションに合わなくてショー自体が中止になったこともあるくらい厳しい。さて、どうなるか?

ともあれ、29日はショーを観れる。全てがキャンセルされてきた今年のエアショー、まずは開催にこぎつけてくれただけでも有難いと感謝。

さて、日曜日のショーに注文していた「プレミアー・シーティング」の切符の処遇はどうなるんだろうかな?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください