謹賀新年2019


開けましておめでとうございます。本年も宜しく当ブログ御閲覧のほどお願い申し上げます。

家の片付けものとか野暮用が溜まってるので正月は一時帰国して諸々整理。とは聞こえがいいけど、何かと用事を思いついて日本に帰る口実にしておるのであります。悲しきは、オーケストラに入っているので練習をあまりサボるわけにもいかず3週間以上の長逗留は難しいこと。

今年は大晦日のニューワーク出発、元旦日本着というフライト。まずニューワーク空港でジェットブルーというLCCに乗ってボストンに向かう。便名はJAL。コードシェアです。

th_18decDSC00028

出発が40分ほど遅れるというサービスメールをチェックイン後受け取ったので気を揉みましたが、結局は10分程度のDelayに納めてくれました。順調に離陸

th_18decIMG_1286

途中でPlymouth Municipal Airport(↓)などを見ながらボストン・ローガン空港に着陸

th_18decIMG_1314plymousMA

JAL007便に搭乗

th_18decDSC00035th_18decDSC00036

ボストン沖を大回りしてひたすら北西に向かう、飛行が安定したところでフライトのメインイベントのディナータイム!私はまず、ジントニックを食前酒にもらいながら待つ

img_20181231_132739

本日の魚料理はサーモン・パスタ、美味かった。最近は機内食も良くなってきた感じがする。

th_18decDSC00037

カナダ北部のハドソン湾に出て行く

th_18decDSC00040以前も気がついた現象、川のどこかで火山性の温水か湯気で出ているらしくて、大きなスチームの雲がたなびいていた、雄大

th_18decDSC00046

滑走路が雪の平原に見つかった、こんなところにも人が住んでて飛行機が飛んでいるんだ

th_18decIMG_1363

JAL007は北極圏に入り込んでから、シベリア大陸ロシア上空を横切っていく

th_18decDSC00056

この時に、ずっと西のかなたに赤い残照を見た、太陽は飛行機の左側を照らしているので、朝焼けではない、もしかするとオーロラの残照の可能性あり

th_18decDSC00055

シベリア上空、ボーイング787型機になってから窓のシェードが液晶ウィンドスクリーンという便利なものに変わった。それは航空会社にとってはいいことなんだけど、時々外の景色を見てみたいという、夜も眠れない乗客にとっては不便この上ない仕掛け。無理にシェードを明るくしても半分もいかない。私、カメラ好きにとっては全くありがたくないしかけ、写真の発色が悪くなってしまうし、改善してくれないかな?

th_18decDSC00061

シベリアの山々、強烈に寒そう

th_18decDSC00076

ジェットエンジンは13時間ひたすら回り続けます、こいつの信頼性の高さは大したものですね、ジェットエンジンは速さもそうだけど「信頼性」という要素が一番だと思う

th_18decDSC00077

着陸3時間前から朝食が始まる、またパスタボロネーゼ、不味いとは言わないが、以前出ていた「お粥」が懐かしい、是非復活してほしいなあ

th_18decDSC00080

日本列島に入って北海道は雲の下、下北半島などを見ていたら、いきなり滑走路が出てきた、間違いなく三沢基地だ

th_18decIMG_1387

th_18decDSC00086

いよいよ成田にアプローチ、筑波山が見えてくる

th_18decDSC00104

日本に降りたら元旦だった、やはり旅客数は何時もより少ない

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

謹賀新年2019 への4件のフィードバック

  1. たむら・たかゆき より:

    おめでとうございます!
    まさか・・・、この時期に神戸に居るとは思いませんでしたよ。 
    この10年間結構あっちこっちと旅行をしましたが、米国・東側は行ってないので興味深く読ませてもらいました。 こんなルートを飛ぶんですね。 地球儀を持ち出してきて、東京~NY間に“ひも”を張ってみたら、なるほどほぼ同じルートになりましたよ。ハハハ・・・!飛行機会社は最短距離を知ってなすなあ~!
    それに、なによりも好天に恵まれたのが羨ましい。なかなかこれだけの下界の景色は見えないからね。
    これが見えていたら、寝てなんかいられません。

    また4~5月に来日予定とか。詳細が見えてきたら教えてください。
    年末に安い“シルクロード8日間”ってのを見つけて申し込んだところです(5/13~20)ぶつからずにうまく会えると良いですね・・・。

    • a6m3zero より:

      大丈夫、天皇の交代劇などを見てから帰るスケジュールだから。一帯一路を視察に行かれますか。

      • たむら・たかゆき より:

        ハハハ・・・、『一帯一路』に興味はないですよ! 
        敦煌を見ておきたいのが一番です。(映画の影響もおおきいナ)
        最近は長く座っているのが辛くてね、成田ー西安直行便だと4時間半位らしいから、これなら近くて良い。パスポートもぼちぼち切れるし、このへんが最後の旅行になるかもしれません。
        次回の来日を楽しみにしています。

      • a6m3zero より:

        ごきげんよう!

たむら・たかゆき にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください