ボルチモア・エアショー2018(3)


最初は消防艇の放水から

th_18septIMG_3558

ブラックホーク登場

th_18septIMG_3560

th_18septIMG_3562

続いて沿岸警備隊のヘリが登場

th_18septIMG_3583

th_18septIMG_3571

救助隊員を着水させる、かなり低空まで降りる

th_18septIMG_3581

その救助隊員を再びウィンチで引き上げて人命救助のデモ

th_18septIMG_3585

出番が終わったヘリは我々の乗っているリバティー船の上空を通過して背後にある、埠頭のヘリパッドに着陸した

th_18septIMG_3611th_18septIMG_3618

見物のボートに瀟洒なスクーナーが登場、格好いいねえ

th_18septIMG_3622

どんな金持ちが持ってるんだろう、しかし、船体の軽薄なピンクはなんとかならんのか、ガールフレンドの好みかな〜

th_18septIMG_3642

いきなり背後からカナダ空軍のCF-18ジェット戦闘機が轟音とともに登場

th_18septIMG_3997

遠くでデモ飛行を繰り広げる

th_18septIMG_3971

特別塗装機であります

時折、旋回のために我々の真上を飛ぶ、速い、カメラが追ていけない

th_18septIMG_4089

曇天だったけど、単機なのでデモ飛行(垂直系は無し)を完遂、楽しませてもらいました

th_18septIMG_4088

さて、肝心の「サンダーバーズ」、定刻の3時になっても現れず、3時10分頃に1機がいきなり登場、会場上空を通過、何も起こらず、また1機が通過、多分天候偵察をしている模様、雲底ギリギリを飛行したりして雲間に消えたりする、などを数回繰り返したあと3時半になって飛行キャンセル、どう見たって雲の高さが低すぎました、博物館のクルーがキャンセルを告げて、終了、『今日のショーはキャンセル、残念だけだまた明日来てねー、今日来てくれたお客さんには明日の乗船券を今から渡すからフリーで来れますよー、シーユートゥマロー』でした

今年の(私にとって)最後のエアショーは尻切れトンボで終わりました、こんだけ雲が多いとどうにもなりません、朝方デラウェアーメモリアルブリッジを通過する時に見た曇り空とモヤが全て、これもエアショーの宿命であります、今年は曇天のショーが多かったなあ、また来年の5月まで冬ごもり

来年2019年は5月11日・12日に首都ワシントンDCのアンドリュース空軍基地で2年に一度のエアショーが有ります、これが開幕で5月25日・26日はなんとニューヨークはジョーンズビーチで「サンダーバーズ」、ペンシルバニアのウィルクスバールでは「ブルーエンジェルス」と目白押し、日程がダブってるから今から頭を悩ませている次第(幸せな悩みですねー)鬼が笑う

次シーズン開始までの半年間、エアショーの記事はお休み、他に話題を探さねば

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中