一時帰国2018夏(5)小松その3


th_18julIMG_3170

「ブルーインパルス」、人が多くて近ずけません(そんなことは無い、ただ人混みのなかに入っていくのが面倒だっただけ)

パイロット乗機

th_18julIMG_3180

エアラインが着陸してきました、中国本土からの飛来かな?小松も国際空港なんですね

th_18julIMG_3185

いよいよ離陸

th_18julIMG_3190

ソロは離陸後すぐにダーティロールを見せます、一気に高度が落ちるので危険なアクロ

th_18julIMG_3199

すぐに戻ってきてスローロール

ダイアモンドが戻ってきました、ファンブレイクという

th_18julIMG_3218

ダイアモンドの最も格好いい瞬間

th_18julIMG_3225

次々にアクロ飛行展示が続きます

th_18julIMG_3335th_18julIMG_3369

全機背面

th_18julIMG_3419th_18julIMG_3437

「ブルーエンジェルス」や「サンダーバーズ」を見慣れた目には迫力に欠けるアクロかなと思わないでも無い、しかしながらかたや世界を相手に戦うジェット戦闘機F-16、こなた戦闘機乗りを育てるためのジェット練習機T-4、飛行機の格がまったく違います、おのずから飛行展示の飛び方が違って当然、非力なエンジンで優雅に飛ぶT-4、衣摺れの音を聞くようなジェットエンジンの音と滑らかな飛びっぷり、それに加えて一瞬キチッと動きを止める操舵技術は見て惚れ惚れする、むしろT-4の飛行性能の高さとパイロットの腕を高く評価したいです(贔屓目かな?)

th_18julIMG_3475

デルタ隊形もビシッときまっております

th_18julIMG_3493

ソロ2機の呼吸もぴたり

th_18julIMG_3504

背面交叉

th_18julIMG_3511

飛行展示最後はソロ2機による「コークスクリュー」

th_18julIMG_3524

起動がキビキビしております

th_18julIMG_3548

天候がすぐれなくて残念な一面もありましたが(大空いっぱいに描く「さくら」などは曇天の雲とスモークが見分けがつかなくなるような場面があって、残念)久しぶりに見た「ブルーインパルス」、いいですね

「ブルーインパルス」の飛行が終わった時点でまだ午後1時半をすぎた程度、日帰り日程の悲しさ、飛来機の帰投を見ることなくそそくさと会場を後にしました、シャトルバスの乗り場は予想通り長蛇の列、それでも予想に反して3時前には小松駅に着いてしまった、早めの特急に乗ろうと思ってみどりの窓口にならんだけど、全て売り切れ、私の持ってる5時すぎの特急しか乗るすべなし、泣く泣く駅のビュッフェでパンとコーヒーを注文して時間つぶし、まったりした余韻を楽しんだのであります(こんなに時間ができるんだったら金沢の友達に会って帰ればよかった、と今になって反省)、時間の読め無い気ままな旅もまた良しか

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中