デイトン・エアショー2018(Screamin’ Sasquatch)


th_18julIMG_8283

「Screamin’ Sasquatch」離陸、一気に上昇

th_18julIMG_8297

複葉機にはありえないハイレート離陸、「ワコ」の複葉機にジェットエンジンを追加しているので、馬力は楽々、高空に舞い上がります

th_18julIMG_8306

高空から木の葉落としみたいに降下、きりもみ状態でもないし、名状しがたいスタント

th_18julIMG_8319

地上近くで正常急降下にはいる

th_18julIMG_8327

画像が靄っているのは、直前にあった「トラ・トラ・トラ」のスモークが残っているため

Screaming Sasquatch、日本語にすると「唸りをあげるサスクワッチ」となります、ビーフジャーキーの「ジャック・リンクス」のマスコットが獣人「サスクワッチ」、アメリカ西海岸北部(シアトルのあたり)のインディアンの言い伝えの大きな獣人からきております、UMAのビッグフットみたいな伝説の獣人

th_18julIMG_8364

接近してくるときはペラのエンジン音しかしないのですが、通り過ぎたあとは全くのジェットの排気音がゴーッ

th_18julIMG_8392

「WACO(ワコ)」の古い複葉機を改造して(補強してと言った方がいいですね)ジェットエンジンを追加した機体、こんなバカなことアメリカ人しか作りませんよ、まったく

th_18julIMG_8407

呆れてハイブリッド機のアクロを見たあとは、至極まともな「ドクターヘリ」

th_18julIMG_7774

国土の広いアメリカは特にドクターヘリが活躍しております、私の知り合いのアメリカ人も彼の兄がペンシルバニアの片田舎の高速道路でバイク事故(ハーレーダビッドソンを100キロ以上のスピードで運転中の事故ですから、事故の状態は推して知るべし)を起こして瀕死の状態の時に、ドクターヘリが高速に着陸して救助され、もっとも近い大病院に搬送してくれたおかげで一命を取り止めた、という話をしてくれました、アメリカ人のパイロットの腕は思いの外優秀であります

このヘリと同僚機は早朝の観客がいない時に展示会場に着陸しましたが、なんの不安もなく着地しました、たしかに狭いところに降りるのに慣れてる、柵がローター下降流で吹き飛ばされて倒れた

th_18julIMG_3149

そばの滑走路で迷惑そうに佇む野鳥、彼が独占していた空は2日間だけ人間のアイアン・バードに占拠されてしまいます

th_18julIMG_3155

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中