一時帰国2018年2月その9


そろそろ帰国便の時間です、成田空港、航空公園を見ながら離陸、楽しかった3週間の滞在でした、大切な人・親族・友達に会えて幸福感と満足感を持ってJAL12便でダラス・フォートワースへ向かいます

離陸するとすぐに夕飯、それなりに美味しかった、だんだんと機内食の評価も変わってきていいんじゃないでしょうか

食事を終える頃に夕闇の帳が降りてきます、太平洋上

th_18m15DSC00897

シアトルあたりでスナックが出る、『残念ながらロッキー山脈を通過するのは夜が明けてない時間なので銀世界が見れませんね』というCAさんの慰めのお言葉、ワシントン州の山あいの町の夜景を写す

th_18m15DSC00901

こんな感じ

th_18m15DSC00904

しばらくウトウトしているウチにロッキーを超えてデンバー近辺へきておりました、さすがに町の灯が明るい

th_18m15DSC00913

th_18m15DSC00912

ここらあたりで朝食となりました、東京スープストックの美味しいシチュウ、私は好きです、欲を言えばちょっと塩味が弱かったかな

th_18m15DSC00906

夜明けです、あいにくの曇り空

th_18m15DSC00919

ダラス・フォートワースは雨、ここでアメリカン航空機に乗り換えてニューワーク空港へ向かうのであります

th_18m15DSC00927

雨中を離陸、これからニュージャージあたりまでずっと雲の上

th_18m15DSC00928

ニュワークの着陸方向が南からではなくて北からの進入になったらしくて大きく北へ迂回

th_18F15DSC00943

北上中に雲間からかろうじて見えたのはDoverというほぼ山の中の町でありました、我が家のあるリッジウッドは飛行機の通過真下あたりか左側(私の席は右側)なので全く見えずじまい

th_18m15dover

無事ニューワーク空港に着陸、ターミナルへタキシーングしている時に「ワールド・トレード・センター」が見えた、なんと夕日を浴びて西側の窓全体が光を反射して「光芒」が立ち上っておりました、なんとも幻想てきな光景に見入って、またまたテロ事件を思い出した次第、当時亡くなられた3000名の方々に黙祷を捧げたのであります、ほんの少し時間軸が違っていたら私も犠牲者になっていたかも知れないと思うと、とても人ごとではすまされない思いが込み上げてくるのです(未だに、あの新しいビルには近ずくことができずにいる)

DSC00946

あれから17年も経っているのに、まだアラブ人を見ると距離を置いてしまう自分がおります、断罪されるべき下手人は「イスラム教」をだしに使って「極貧の普通のアラブ人」を「洗脳」して、彼らの命を道具にしている一部の人間たちである、と頭では解っているんですが、感情がついていけない、おそらく、戦後のアメリカ人も真珠湾を騙し討ちした日本人にたいしてずっと同じようなわだかまりを持っていたのだと思います(ひょっとしたら今でもそうかも知れないかも)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中