一時帰国2018年2月その7


瀬田の唐橋(下から2番目の川中島に掛かっている橋)、昔はこの橋一本しか瀬田川に掛かってなくて、京都防衛の要衝となっておりました

th_18F15IMG_1671

さて、瀬田川を渡ると草津から栗東、この栗東にJRAの栗東トレーニングセンターがある、広大な敷地とたくさんの回周コースがあって、競走馬が2000頭いるのだそうだ、JRAの組織力の大きさを痛感

th_18F15IMG_1677

伊吹山、日本武尊の受難の山であります

th_18F15IMG_1683

伊吹で大蛇(か、白イノシシ)にえらい目にあわされた日本武尊は尾張のミヤヅ姫の許へ向かいます、名古屋、(尊は結局ミヤヅ姫に会わずじまいで三重経由で奈良に帰ろうとして、途中で客死した)木曽川・長良川・揖斐川の河口がしっかり見える

th_18F15IMG_1693

名古屋の国際空港、中部空港がかろうじて半分見える

th_18F15IMG_1695

小牧空港も遠望できました、先日の小牧基地航空祭に「ブルーインパルス」を飛ばせない「市民団体(嫌いだなこの単語)」が訴訟を起こして、基地側が飛行を取りやめたのは記憶に新しい、おかげで去年は数万の観客が訪れたのに今年は1万人に減った、訴訟を起こすのは民主国家であれば当然の国民の権利だから咎められることは無いが、自分たちの偏狭な主張を通すために取る手段としては誠に醜い行いだと思う、彼らは恐らく1971 年に「ブルーエンジェルス」の飛行を止めさせた組織の末裔でありましょう、嫌〜な人たちだ、彼らは本当に小牧周辺に住んでるんかね?

th_18F15IMG_1699

名古屋まで来ると富士山が視界に入ってきます

th_18F15IMG_1710

そして、天竜川手前に航空自衛隊浜松基地、E-767「AWACS」が3機駐機しているのが見える(アメリカ側からはJ-WACSって呼ばれてるらしい)地味な飛行機だけど、日本の国防になくてはならない存在であります

th_18F15IMG_1730

ここまで来ると富士山ががかなり鮮明に見えて参ります、格好良いねえ

th_18F15IMG_1735

静岡空港

th_18F15IMG_1740

富士山の姿はここら辺(島田あたり)から見るのが一番特徴を表している形をしているように思う、宝永山が明瞭にわかる

th_18F15IMG_1742

御前崎

th_18F15IMG_1765

航空自衛隊静浜基地、手前の大きな川は大井川、ぼけてしまったけど画面左上は焼津港

th_18F15IMG_1756

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中