Westfield ANG 2017(15)


スニークパスの撮影は①予告なしに②超音速で③目の前を通過する、というカメラマン泣かせの動態撮影であります

ですから、撮り損ねが結構ある

今日は、その撮り損ねを特集(って言っても4枚だけですけど)

th_18IMG_7767th_18IMG_7768th_18IMG_7769th_18IMG_7770

とくに正面を通過しているジェット機は相当の速さなので積年の経験でもついていけません、接近中とか離脱中の姿はそう難しくないのですが、さすがに真横からは厳しい

スニークパスでない場合は多少早い動態で近くてもついていけます↓こんな感じ

でも、望遠レンズで追っているから機体を画面中央に捕らえるのは難しい

th_18IMG_7612

これも画面上の空間を切り取ってブログには載っけます

th_18IMG_7613

th_18IMG_7614

やっと中央に機体がきた

th_18IMG_7616

舞台裏のご紹介でした

1972年に小牧で「ブルーインパルス」を撮影したのが初めてのアクロ写真、あれから46年、ひたすらエアショーの写真を撮っております、よく飽きないものですね、よっぽどヒコーキが好きなんでしょうね

私の写真撮影の信念「人物のポートレートを綺麗に撮る秘訣は、対象を愛すること」です

愛情なしに撮ったポートレートはどんな美人を撮っても綺麗に写せない、誰が撮っても同じに見える、しかしどんな不美人であっても、撮影者に愛情があれば必ずやその人の美しい瞬間を切り取ることが出来るのです、美しさだけではありません、可愛さ・優しさ・人の良さを一瞬の画面に残すことが出来る、ですから、私に好意を抱かせた女性は幸せです、その人の一番綺麗な瞬間を写真に残してもらえるから(自信過剰か)

話をエアショーに戻しまして、飽きないで半世紀もヒコーキを撮ってるのは、多分、その飛行機の一番綺麗な写真を撮ろうとずっとファインダーで追ってるから、なんでしょうね、好きだから

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中