カーネギー2017


今年も家人のピアノとバイオリンの生徒さんが出演するカーネギーがありました。例年であれば12月のクリスマスシーズンだけど、今年はホールの都合で11月のサンクスギビング翌日になってしまった。毎度のことながら、私は運転手。出演する12人の子供たちのうちで親御さんの都合がつかなくてリハーサルに間に合わない子(5人)をミニバンでマンハッタンまで御送りするのであります。最大8人まで乗れるミニバン(トヨタの「シエンナ」)を今も維持しているのは、1年に1回の今日のため。

写真はカーネギーホールの楽屋口(Stage Doorと申します)で記念撮影、ストリートは56th St(56丁目)です:

thSEPTDSC00576

何処のホールでも同じですが、カーネギーも例外ではなくて「場内撮影禁止」、特に演奏中は写真・ビデオ・レコーダー全部禁止です

それでも抵抗して、リハーサル中に二階席からこそっと撮ったのがこの一枚、舞台のドアが開いていたり、リハーサルの時間をストップウォッチで計ったりしてる関係者がいるだけ、でも監視カメラが有るから私の所行はホール側でお見通しでしょう(堪忍して下さい)

thSEPTIMG_1100

「ワイル・リサイタル・ホール」といって、カーネギーの3個あるホールで一番小さい舞台です、客席数は268席、されど!小さくてもカーネギー!いい雰囲気です、これぞ演奏会というパーフォーマンスが繰り広げられます

午後3時過ぎからのリハーサルが終わると、夜の開演(7時半)まで自由時間、この時間を利用して各家庭は揃ってマンハッタンのディナーを満喫するのであります、これもカーネギー出演の楽しみの一つ、親御さんが楽屋口までお子さんを迎えに来て和気あいあいと街に繰り出して行きます、私は家人と2人でアメリカンなステーキとハンバーガー(これが、マンハッタンのレストランというだけでニュージャージーの2倍はするお値段、年に一度だからいいようなものの)の何んの変哲もない夕食でした、美味かった

写真は食後、カーネギーの7番街の通りに面した場所で家人を祈念撮影、後ろに見えている入り口は中ホールの「ザンケル・ホール」の入り口ドア

thSEPTDSC00582

家人のリッジウッド内の声楽家の友達が毎年「ワイル」で教え子のリサイタルをやっていて(毎年やってる、という馬力がスゴい)10年前に『数人だけ空きが出来てしまったので貴女の生徒さん出させてみない?』と誘いがあって、日本人の生徒さんに声をかけたらすぐに希望者が集まって、以来、毎年参加させて頂いております、年ごとに増減はありながらだんだん出演者が増えてきて今年は12人になってしまった

今月は家の修理・台所の棚作り・カーネギーと色々あって、おまけに風邪までひいてエアショーの写真アップが滞っております、ようやく時間と元気が戻って来た、さあWestfieldの「サンダーバーズ」の写真に掛かろうか、、、、まてよ、クリスマスカード書かねば

多忙なる年の瀬に差し掛かっきましたね

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中