帰省2017(7)


ノースダコタかミネソタあたりで朝の帳が開けてくる

thSEPTIMG_0788

ウィスコンシンで陽光が当り始める、機内食の準備が始まる

thSEPTIMG_0825

ミルウォーキーを通り過ぎる頃にはすっかり陽が昇って、アサー、ミシガン湖を通過する

thSEPTIMG_0838

ミシガン州に入ると空港が次々と見えてくる

Fitch Beach Airport(シャーロット近辺)

thSEPTIMG_0845

ランシング郊外のCapital Region International Airport

thSEPTIMG_0859

続いてハウウェルのLivingston County Spencer J. Hardy AirportthSEPTIMG_0863

このハウウェルの空港の写真を撮っているときにふと手前を見たら、車のテスト場らしきコースを発見、帰宅後調べてみたらFowleville Proving Groundというテスト場でFT Techno of Americaという会社が経営しているものらしい

thSEPTIMG_0867

すごいなあ、と見とれていたらしばらくしてもっと大規模なのが見えて来た

thSEPTIMG_0875真円というのはなかなか自然界ではお目にかかれないので、遠目でみても真ん丸のテストコースはすぐ認識できた

thSEPTIMG_0881

これは一体なんなんだ?広大な敷地に色んなコースが用意されている

これは凄い、これも帰宅後調べて納得General Motors Proving Groundでありました、さすが天下のGM、テスト場の規模も大変なものでありました、デトロイトが近いのであります、世界の自動車産業を一手に支配して来たビッグスリーの本拠地、今回は見ることが出来なかったのですが、クライスラーのテストコースもこの近辺にある模様です、丁度飛行コースの下あたりなので見えずでした

thSEPTIMG_0894

続いて見えて来た飛行場はポンティアック近くのOakland County International Airport

thSEPTIMG_0896

デトロイトの飛行場の真上を通過しているので大空港を見ることは出来ませんが、空軍の飛行場は見えた、Selfridge Air National Guardの空港であります

thSEPTIMG_0910

エリー湖に入る頃にみえてきたアメリカとカナダの国境の川St. Clair RiverとHarsens Islandという島

thSEPTIMG_0940

いましも、レイカーと呼ばれる貨物船が河口に差し掛かっておりました

thSEPTIMG_0937

そして、ヒューロン湖が遠望されます、遠くの町は、川の右側がカナダのSarnia、左がアメリカのPort Huron

thSEPTIMG_0941

エリー湖をいく貨物船、えらい大きなクレーンを真ん中に持っております、なんだろう?自前のクレーンを持ったコンテナ船かな?流石のキャノンSX60HSの超望遠をしてもちゃんとした絵は撮れませんでした

thSEPTIMG_0948

エリー湖を渡り切ったところの雲のカーテン(先日紹介済ですね)

thSEPTIMG_0950

雲間から覗いたChautauqua County Jamestown Airport、ここはニューヨーク州

thSEPTIMG_0963

そして、曇り空のなかをニューヨークJFK空港に着陸、ターミナルワンのJAL3便を見ながら雨のニューヨークに帰ってきたのでありました、涼しい

thSEPTIMG_0965

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中