成田で(2016年12月24日)


昨年の話に戻ってしまいます、成田の飛行場でJAL4便の離陸待ちしている時に窓から撮った写真、はるか遠くに見える山は筑波山ですね、第二ターミナルです

th2017janimg_6574

全日空機に続くのはポーランド航空機、LOTというのはポーランド語で「航空(飛行)」という意味らしいです

th2017janimg_6579

タイ航空機

th2017janimg_6581

th2017janimg_6586

スイス航空機、綺麗なカラースキームです、エアバス340

th2017janimg_6605

何年も前、スイスの機器の輸入の仕事に就いている時に何度か利用しました、いかにもスイスらしいきちっとした感じの機内でした、一度破産しましたがすっかり再生したみたいですね、この飛行機は何処いきだろう?チューリッヒかな?

th2017janimg_6600

JALが離陸

th2017janimg_6592

ガルーダ・インドネシア機

th2017janimg_6597

中でも印象深いのは「チャイナエアー」(台湾)のジャンボ機です、だんだんと見る事が少なくなって来た超大型機ですね

th2017janimg_6607

本当に良くデザインされたヒコーキであります、超大型機の先駆者の誇りが感じられる

th2017janimg_6612

この大きなボーイング747が消えて行くのもそう遠い将来ではないでしょう、後継の「747-8i」が売れないのでどうにもなりません、寂しいなあ

(総二階建てエバス380なんて大きいだけで全然格好よくないし写真撮る気にもならない)

th2017janimg_6618

A滑走路から北に向かって離陸(あれ?北でいいのかな、厳密には北西ですね)

th2017janimg_6625

B滑走路の端がだいぶしてから見えてくる、かなり北(北西ね)にずれております

th2017janimg_6632

ぐるっと右旋回して東へ飛行機は向きを変えます、成田全体が見えて来た、B滑走路がいかに短いか良く判ります、すでに滑走路が4本もある羽田とは比較になりません、さらに言えば、羽田に5本目を追加して国内・国際両面でどんどん発展させるべきです、あるいは横田国際空港を開港するか、航空行政を早急に進めていかないと仕舞いに日本はアジアの辺境地になる

th2017janimg_6643

ふりかえると2016年は私にとって日本往復の多い年でありました、2月・4月・8月・10月・12月と、良く往復したなあ、家人と度々話をするんです『アメリカからヨーロッパ近いんだから、海外旅行してみたいよねえ』と、出来るわけないですね、これだけ往復(アメリカ人から見たら海外旅行を頻繁にする男、2週間も顔を見なかったら『おお、どうした、また日本に行ってたんか?』とからかわれる)してたらよそに行くお金あるわけないわ

さて、今年はどうなりますことやら

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中