スカイマーク(続々)


東京からの帰り、羽田空港でザルそばを食べた。だいたいにして空港で食事をするなんてこと自分では考えられないんだけど(到底味とお金が釣り合わない場所だから)、早朝だったことと、東京で蕎麦を喰い損ねたということもあって(私は、東京・長野で食べる蕎麦は美味しい、という信仰にちかい確信がある)思い切って羽田第二ターミナル北ウイングのスカイマークの搭乗口近くの蕎麦屋でザルを食べた

th2017jandsc02807

案に違わずザルにしては高かった、けど、食べてみて「美味しかった」のであります、価格にみあうザルでした、私好みのしこしこした食感で、味も良し、満足したー

満足してスカイマークの神戸行き早朝便に乗る、まだ日の出まえ

th2017janimg_6045

途中は省略して(実は寝てた)、いきなり播磨上空、右の島は淡路島

th2017janimg_6059

なんと、我が家人の実家があった所を見ながら左旋回、写真中央から下左は名舞地区であります、左下をたどっていくと画面はずれにはJRの「朝霧」駅がある

th2017janimg_6067

明石海峡大橋を見て着陸アプローチ

th2017janimg_6076

須磨の裏側、昔は(今もそうだけど)多井畑・下畑といって、かつては海側の市街地とは山で隔離されたところ(今では開発が進んで神戸のベッドタウン)、町と多井畑を繋ぐ道はバス一台がやっと通れるトンネルがあるのみ、山のなかの隠れ里みたいな処でした、そのために空気が綺麗だったので国立のサナトリウムがあって、鉄筋コンクリートの病院が森の中にあったのを記憶しております、こつ然と目の前に現れた4〜5階建ての丸みを帯びた(戦前に建てられたコンクリートのビルによくあるデザイン)建物を見て、何か見てはいけないものを見たような、それでいてワクワクするような、複雑な感動を覚えたのでありました、中学生の頃です

th2017janimg_6093

山を隔てて海側は「須磨」であります、平安時代から地名は知られている古い町、私の心の古里、月見山というところに実家がありました

th2017janimg_6104

神戸の基幹産業であった(「であった」です)三菱重工神戸造船所と川崎重工神戸工場、いまや、船と呼べるものは潜水艦だけになってしまいました、しかし、ディーゼル推進としては世界最高水準の潜水艦を建造しております

th2017janimg_6109

神戸空港

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中