ジョーンズビーチ・エアショー2016(2)


エアショー前日(27日)の午後、ハドソン川に大戦機が墜ちたというニュースが飛び込んで来ました

ラジオ報道では(私はテレビを見ない)ファーミングデールにあるアメリカン・パワー博物館のP-47「Thunderbolt」であるという、パイロットは死亡、ビル・ゴードンという海兵隊あがりの大戦機乗り

このためにジョーンズビーチ恒例でありました博物館所属機による大戦機飛行展示は全てキャンセル

ミッシング・マン・フォーメーションをどこかのチームがやってくれるかな、と思ってたら、「ガイコ・スカイタイパーズ」が展示飛行の最後にしっかりと見せてくれました

th14may16IMG_0423

最後の演目で普通にデルタで進入して来る「スカイタイパーズ」

th14may16IMG_0425

一機(2番機)が編隊を外れます

th14may16IMG_0426

どんどん上昇する、これは殉職者の追悼を意味します、会場内のアナウンスをやっているボブ・ライダーなら必ず解説してくれていると思いますが、私の居る所まではアナウンスが全く聞こえない、おそらく廻りの観客でも理解出来ていない人がおおかったでしょう

私は感激した

th14may16IMG_0427

それと、「ブルーエンジェルス」が最後に見せるデルタ隊形の低空通過

th14may16IMG_1317

5機しか居ません、私は、「また、一機が故障でもして基地に先に帰ったかな」と思いました

th14may16IMG_1328

5番機が居ません

th14may16IMG_1337

今になって思えば、もしかしたら「ブルーエンジェルス」も編隊機を一機減らして追悼飛行をやってくれたのではないかと、思い直しております

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください