X-35B


th_IMG_7527

F-35B「ライトニングII」がまだX-35と呼ばれていた時の試験機2機のうちの1機がスミソニアン(ウードバー・ハージー)に展示してありました

th_IMG_7528

試験機とはいえ最先端技術の飛行機、ここまで開けっぴろげなら中国にコピーを作られてもしょうがないな

th_IMG_7529

中国のスパイさん、熱心に写真撮りまくって帰ったろう

th_IMG_7530

キャノピーは現用「ハリアーII」のものを流用したそうです

th_IMG_7533

そう言われてみればハリアーの風防に似てる気がする

th_IMG_7531

プロファイルはすでに実用化試験が続いているF-35Bにそっくりです、F-35Bは海兵隊が「ハリアーII」の後継機に採用します

th_IMG_7535

👇派手な垂直尾翼

th_IMG_7536

驚いたのは、御丁寧なことにパワープラントまで公開していることです👇

th_IMG_7525

主エンジンと垂直離着陸用のエンジンを「一挙公開!」

th_IMG_7522

これって、極秘じゃないのかなあ?

th_IMG_7523

推力を下に向ける可動ノズルなんか丸見えであります👆

下向きの前部エンジン👇

th_IMG_7524

おそらく、この飛行機の要はメカではなくて「制御ソフト」と「火器管制ソフト」と機体の「材料」なのでしょう

それにしても、中国が「J-31」を早々に繰り出して来たというのは、格好だけは簡単に真似られるという世界になってきたという証拠なんですねえ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください