勤労感謝の日


11月23日は「勤労感謝の日」ですね日本では

英語になおすと「Labour Thanksgiving Day」ということらしいです

何か良く分からない英訳ですが、自分で英訳してみようとしても名案が出てきません、勤労感謝ということ自体になんの意味があるのか良く分からないから英訳が出来ないのです、昔から何だか意味不明の祭日だなあ〜と思っていて違和感があったのでした、アメリカ人に的確な説明が出来ないのです

今日、ネットで調べてみました

起源は「新嘗祭(にいなめさい)」なんですね、これなら判る、食物の収穫に対する感謝祭であります、なんのことはない、アメリカの「サンクスギビング」と同じではないですか

それが何で「勤労」感謝の日なの?私は子供のころから『日本人は仕事にありつけた、という有り難さと、働くこと自体を有り難いと思う』という感謝を込めてこの祝日を祝うんだ、と思い込まされておりました、日本人は働くことが好きな国民なんだ(おお、なんと美しい)、と

ところがどうやら、調べた結果、戦後のGHQが「新嘗祭」という「天皇」を頂点とする祭日を嫌った結果、名称変更して祝日の延命をはかった為であるそうです、誰が考えだしたか意味不明の「勤労」という言葉を頭につけて「勤労感謝」と命名したらしい、多分命名した本人も納得してやったんじゃないんじゃなかろうか、こんな変な日本語普通つかわないですよ(外国文学の翻訳本の文章にならありえるかも)

もとに戻して「新嘗祭」でいいんじゃないのかなあ、瑞穂の国なんだし

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください