薬を使わないで三叉神経痛を治す


長野市に来て1週間たちました

長野駅前のホテルに滞在して一駅南の「安茂里(あもり)」という処にある「高橋健康指導センター」に毎日通っています、朝10時くらいから夕方6時までドップリ「整体」につかっております、昼食は高橋先生の料理した玄米食主体の「食養」健康食です

薬も手術も放射線も使わないで、人間の体のアライメントを正常化することで健康体を取り戻すという自然療法です、腰は体の要といいますが、その骨盤調整が基本でした

病気になると私たちは先ず「病院」に行きます、私の三叉神経痛についても内科に行きペインコントロールに行き、所謂「西洋医学」に身をゆだねて「テグレトール」という薬を頂き2〜3ヶ月過ぎてきたのであります、しかし、薬で痛みを弛緩させるのですから効き目は必ず薄れてきます、摂取量がだんだんと増えてきます、「テグレトール」という薬の副作用は眠くなるとか便秘になるとか色々ありますが最も厄介なことは肝臓疾患を誘発することです、それに加えて今後「脳神経外科」の診療でもやろうことなら脳幹部分の手術にまで発展して行く事間違いなし、こりゃろくな結果になりはしないかい?と考えて色々ネット検索をしたなかで「高橋健康指導センター」の「整体」療法に行き着きました、自分の考えにもっともしっくりきたので急遽アメリカから飛んで来たのでありました

まだ治療途中ですから結論を出すには早すぎる段階、しかし、治療1週間で少しずつ効果が出てきていることを感じます

先ず、薬を飲んでいないのに痛みがひどくなったりしていません、最初の内は激痛で夜眠れない日が何日かありましたが、次第に熟睡出来る日が増えてきております、痛みで夜中に目が覚める事ほどつらい事はありませんからそれが軽減されてきつつあるのは本当にありがたいことです、骨盤・背骨・頸骨・頭骨の調整を丁寧に少しずつ慌てず急がず整体していくだけで結果が出て来ております

まだ左あご内側の部分に痛みが残っていて、話す時とか食事の時にはビリビリと痛みが走ります、ただこれも我慢出来ないほどのものでは無くなって来ていています

あと3〜4日しか滞在日数が残されておりません、何処まで軽減するのか不透明な部分があります、高橋先生も予測はつきません、ただ恢復基調にあることは間違いの無い事なので『やるところまでやってあとは経過を見てみましょう』ということになります

経過報告でした

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

薬を使わないで三叉神経痛を治す への2件のフィードバック

  1. 井上清志 より:

    後一週間、治療と長野を満喫ください。
    回復を祈っております!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください