2013グリーンウッドレイク・エアショー(9)P−51


th_IMG_8631

 

P-51「マスタング」、今日のマスタングは何時もとかなり趣が違います

th_IMG_8616

 

フォトパスの為に低空侵入するP-51

th_IMG_8621

 

th_IMG_8625

 

フォトパス

th_IMG_8629

 

「タスキギー・エアマン・プロジェクト」の「P-51C」「レッドテイル」です

th_IMG_8635

 

スピットファイアーと同じ様に後胴が操縦席まで伸びている初期型「マスタング」「P−51C型」であります

th_IMG_8600

 

この角度👆👇からでは特徴のあるシルエットは判りません、普通の「マスタング」です

th_IMG_8583

 

しかし横から見ると一目瞭然👇

th_IMG_8605

 

th_IMG_8606

 

第二次世界大戦中にアラバマのタスキギーで編成された「黒人だけ」の戦闘隊「332飛行隊」を記念する為にミネソタのサウス・セントポールにあるフレミング飛行場に拠点をおいている「The Red Tail Squadron, Commemorative Air Force」が飛ばしております、去年映画にもなりましたからご存知の方も多いと思います

th_IMG_8638

 

こんな飛行機がココまで来たということに私は驚きでした

th_IMG_8639

 

このような貴重な飛行機が来るということは、今年のエアショーが軍関係で全てキャンセルになってしまったせいなのかも知れませんが、それを差し引いても我がグリーンウッドレイク・エアショーが着実にローカルながらも知名度を上げて行っているという実感を肌で感じるのです

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください