舞子と富士山


なんだか日本情緒の押し売りみたいなタイトルになってしまいましたが、舞子は「神戸市垂水区舞子町」の舞子、舞子はんの舞子ではありません

th_IMG_8970

 

今回の神戸滞在中は「舞子ビラ」という風光明媚な立地に建つホテルに数泊しました、明石海峡大橋が目の前に架かる、右下の建物は「移情閣」(別名「六角堂」)といって孫文が逗留した場所として有名、六角形に見えるから六角堂と地元では謂っているがじつは八角形、台湾や中国からの旅行者が結構多い、大正時代に神戸の華僑が建てた

ホテルから山手を望むと「愛徳学園」が堂々と校舎を構える

th_IMG_9016

 

この学校は愛徳カルメル会という修道女会が運営していて、カトリック女子校、今でこそ小中高の一貫教育になっているが、開園は終戦後の何もない頃の私設「保育園」から始まった、それもスペインからシスターがやって来てイチから始めた、始めた頃は霞ヶ丘と呼ばれる山の上の平地にぽつんと校舎(園舎か)が建っていた、年とともに園児が増えて、70年後には住宅地の中にそびえる学校になってしまった、今でもスペイン語の教科がある、私の高校は愛徳から歩いて15分くらいのもう一つ北側の星ヶ丘という山の上にあって、我々は愛徳を「悪徳学園」とあだ名していた、何のいわれもないただの言葉遊びだから悪意はない

さて、今回も東京へ一日だけ行った、あいも変わらず富士山を撮ってしまう

th_IMG_8972

 

帰りの新幹線からは雲がたなびく富士山を見ることが出来た

th_IMG_8983

 

見慣れていても撮ってしまう

th_IMG_9001

 

魅力のある山ですね

いよいよ、明日の中華航空機でアメリカに帰る、短い滞在でした、ニューヨークの大雪のために今日の便は欠航になっていたけど明日は飛ぶという案内嬢の話だったので今Web Check-inを済ませた

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください