シカゴからニューワークへの飛行


シカゴで日航からアメリカンへ乗り換え、ボンバルディアの「CRJ」、今回のオヘア空港乗り換えは冬型気候が緩んでいたので雪も無くてスムーズでありました

th_IMG_8862

 

CRJは小型機なので搭乗率は100%、乗り心地もまあまあ2時間弱の飛行には許せる、が、問題なのは手荷物であります、ちょっと大きい機内持ち込み手荷物はオーバーヘッドビンに入らないので飛行機の搭乗口の所で結局は預けることになってしまう、飛行機を降りる時にジェットウェイの中でイライラしながら待つことになる、機体が小さいから手荷物収納棚が小さくてどうにもならない

さて、離陸

th_IMG_8864

 

シカゴをかすめてミシガン湖へ、シカゴは仕事で何度も行った町、逆光のうえにモヤにかすんでいるが良く見えた

th_IMG_8863

 

エリー湖を渡るとすぐにペンシルバニア州に入る、次々に発電所が見えて来る、冬場なので冷却タワーから湯煙が盛大にでているので直ぐに見つかる

th_IMG_8886

 

th_IMG_8890

 

原発かどうかは不明、多分化石燃料でしょう

そうこうしている内に遥か彼方にデラウェアー・ウォーター・ギャップが見えた、カメラの超望遠が威力を発揮👇

th_IMG_8897

 

デラウェアー川がアパラチアン山脈を分断して横切っている奇景であります、どうやってこんなのが出来たんでしょうね?一度誕生過程を調べてみたい、そのすぐ北側にあるショーニースキー場(Shawnee Mountain Ski Area)が確認出来た、もうスキーのシーズンなんですねえ、たまには行ってみたいなあ(歳だから骨折が心配だけど)まだ雪は人工雪でしょう

th_IMG_8903

 

ここで飛行機はやや南よりに航路を向けてニュージャージー北部を横切り始める、Martins Creek Power Plantが見えてきた、ここは石炭火力が2基とLNG/Oil混焼が2基

th_IMG_8913

 

👇リンカーンパーク飛行場

th_IMG_8918

 

2005年に息子の友達の操縦でセスナに乗せてもらった思い出の場所、マンハッタンを空から訪問させてもらった、ここまで来ると我が家のあるRidgewoodは近い、残念ながら飛行機が町の南を通過したので私の座っている右舷側の窓からは見えずじまい

ニューワーク空港へ着陸態勢にはいる、近郊の町の学校のグランドが目立つ、アメリカの学校(特に高校とか大学)はフットボール用のフィールドを完備したところが多く、それも派手なので空から見るとすぐにわかる

th_IMG_8919

 

th_IMG_8920

 

こうやってニューワーク空港へ無事着陸、家内と長男の出迎えで帰宅、帰宅後は直ぐに手みやげの「八海山」と「バッテラ寿司(成田空港で購入)」で宴会、アメリカでの飲む自前直輸入日本酒は格別の味であります、それが銘酒「八海山」だからいうことなし、喜んで賞味する家族の顔を見ると重たい思いをして持って帰った甲斐があるというものです

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

シカゴからニューワークへの飛行 への2件のフィードバック

  1. 井上 清志 より:

    長旅お疲れさまでした。至福の一杯ですね。
    今日は冬至です。早稲田の穴八幡では今日から一陽来福の札を売ります。
    朝早く遠方から皆さん見えます。マイバッハも泊まっていました。
    ではでは

    • a6m3zero より:

      冬至なんですねえ、柚湯の日ですねえ、湯船に浸かって温まりたい時期ですがアメリカの浅い湯船では出来っこ無い、足湯でもして我慢するかな

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください