2012オシアナ・エアショー(6)ブラックダイアモンド・ジェットチーム


 

Black Diamond Jet Teamという民間のジェット機曲技飛行チームがある

 

ダイアモンド編隊はL-39、ソロはMig-17という異色の組み合わせ

彼らは凄いのだ

 

編隊飛行も然ることながら、圧巻はソロの低空飛行、先ずは離陸から

 

ローアングル・テイクオフと言ってもいいのかな、脚を引っ込めてもずっとこのままの低高度で滑走路を走る

 

全然高度を上げないで増速していくのであります

次はハイスピード・ローパス

 

往年のブルーインパルスF-86Fの5番機ソロの高速低空通過を彷彿とさせる

 

右後方から接近するMig-17

 

 

2機編隊離陸の時もローアングル

 

 

2機編隊で低空通過

 

 

 

 

 

再びソロのハイスピード・ローパス

 

手前の機体は今日は予備機となったT-33👆、8月17日のアトランティックシティー・エアショーでは単独ソロをふんだんに見せてくれた

 

 

 

アフターバーナーの火が見える、この飛行機はミグの原型機Mig-15と大きな変わりはないのですが、アフターバーナーを追加した発展型なのでMig-17となっているのです

 

👇一連の写真は飛行展示中に日が射した時に撮れた鮮明な写真、変わり映えしませんが続けて載せます

 

 

 

 

Mig-15は第二次世界大戦の終わりにドイツで開発中だったジェット戦闘機の図面と機体そしてエンジニアを全部ソ連が持ち帰ってそっくりそのまま作り上げたものといいます、ジェットエンジンを太い胴体で包んでそれに最新の後退翼をつけた素朴なシルエット、しかし性能はノースアメリカンのF-86Fより勝っていたという話です、いかにドイツの技術が進んでいたかという証明みたいな飛行機

 

 

降りてきた機体をみるとたしかに太いね

 

ブラックダイアモンド・ジェットチーム、乗っている人たちは皆退役パイロット、空軍、海兵隊色々の出身のかた達です、スポンサー企業は「ハーバータッチ」というペンシルバニアのPOS決済システムの会社、飛行機はフロリダに本拠を置きます、これからも楽しませて下さい

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください