カプセル内視鏡


一時帰国を機に「カプセル内視鏡」検査をした

 

写真では大きく見えますが、直径8〜9ミリ、長さ20ミリくらいのカプセル

朝食抜きで、神戸・須磨の「しらかわクリニック」という病院に行く、先ずは胃腸の蠕動運動を促す薬を飲む、次に胸から下腹にかけて画像データの受信アンテナを6〜7個貼付ける、データレコーダー(これが割と大きい)にアンテナからのワイアーを接続して準備オーケー、カプセルを午前9時に飲み込む、これで一旦帰宅していいという、8時間後に再度来院してアンテナとレコーダーを取り外すだけ、その間は仕事してもいいし映画見てもいいし散歩してもいい、寝ないでくれとは言われた、多少の運動はカプセルの降下を助けるらしい、食事は4時間後に「素うどん」程度ならOK

 

透明なプラスチックカバーの中に4個のLEDが規則的に光っている、真ん中の丸いのがカメラ

 

1秒間に2枚の頻度で写真を撮っていく、午後5時に「しらかわクリニック」に行ってアンテナをはがしてレコーダーを取ったらその日は終わり、結果は後日説明してくれるとのこと、中国旅行から帰ったら訪問するつもり

飲み込んだカプセルは翌日の夜、排便時に最初に出てきた、前日の朝食を食べてないのでカプセルが一番先になったのか、すぐに見つかった、自分の便をこね回してカプセルを探すっていうのも気持ちいいもんじゃないから大いに助かった、トイレットペーパーでくっついてる便を拭き取って石鹸で数回洗って写真を撮ったのが👆の画像

今のところ、小腸の内壁を検査(私の場合はガン検診)する方法は「カプセル内視鏡」しかない、神戸では「しらかわクリニック」ともう一カ所しかやってない、結果を聞きにいくのが待ち遠しい

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください