デイトンからの帰り道


デイトン市内

 

デイトン市内には来るつもりなかったんだけどGPSを読み違えして高速から市内へ降りてしまった、普通の(昔栄えた)地方都市でした

空軍博物館を10時半に出発、再び農家のつながる平野を東へ向かって走る

 

1時間も走るとコロンバスが見えてくる

 

大都市(というか中規模都市)はオハイオではこれで見納め

 

来るときとは違ってI-71を北上する、このまま行くとClevelandへ行ける

あと40マイルでクリーブランドという処でI-76に入って西進するとすぐにAkron(エイクロン)という小都市がある

 

ここは彼の有名な「Goodyear」の本拠地でありました、現在グッドイヤーはフロリダか何処かに本社を移してますが、まだいくらかの主要事務所が残っているということです、写真はそのビルディング

Akronは工業としとして今も特徴のある機械メーカーが存在しております

ここから山に入って行く

 

どんどん緩やかな上り道が続く

 

Naviの高度計を見ると1800フィートを超えた、ここはもうペンシルバニア州のI-80であります、次はだらだらと長あ〜い下り坂

 

走って世界一周した間寛平さんが『ペンシルのあの長い上り坂には参ったで』と当時言ってましたが、確かにこれ自分の足で走ったら「何時この上り坂おわるんや?」と思いたくなるダラダラ坂

ペンシルバニアも東のほうへ行くとだんだんと酪農らしき農家が増えてくる

 

ひた走りに走るとやっと「Delaware Water Gap」の崖が見えてきた、これ見てホッとする

 

午後5時半、デラウェア川を越えてニュージャージー州に入る

 

ここまで来たらもう2時間くらいのドライブで我が家に着く

午後8時、パターソンというわが町のすぐ南の工業都市(昔栄えた都市)の標識とニューヨークの文字が現れる

 

我が「シエンナ」(トヨタの北米仕様ミニバン)の長い陰が長旅を思い返させてくれる、自宅到着は8時半、やはりちょうど10時間の旅でした

暑い暑い「デイトン・エアショー」見物でしたが、面白かった

願わくばもう一度訪ねていって「米国空軍博物館」を全部見てみたい、でもその時は飛行機で行こう、ドライブは疲れた、もう歳です

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください