デイトンへの道


わが町Ridgewood, NJからDayton, OHまでの道、朝7時出発、まずはGarden State Parkwayを南下してInterstate 78 (以下I-78と略)を西進する、途中でニュージャージーの西部を見渡せる見晴台があるので停まってみた

 

見渡す限りの森林、のように見えるのですが、実はこの森の中に住宅地がそこここにかくれているのです、人跡未踏の地ではない、さて行くかと走り始めたら覆面パトカーに捕まってる車がいた

 

やばいやばい、75マイルをキープしよう(制限65マイル)、眠気覚ましに前夜準備しておいた「セロリ」を丸かじりする「苦ッ」、10本くらいクーラーボックスに入れたけど2本しか食えなかった、次からは試食してから入れよう

 

道がペンシルバニアに入ると何時の間にかI-81に道路名が変わっていて、道を間違えたんじゃないかとハラハラする、こんなときGPSの示す位置表示はありがたい、間違えてない、ハリスバークを越すと急に山がちになってくる、アパラチアン山脈に入る、トンネルが次々に現れる、アメリカでは珍しい山岳トンネル

 

👆「キッタティニイ・マウンテン・トンネル」👇「タスカローラ・マウンテン・トンネル」

 

道はI-76にまた変わって、そのうちにI-70になる

 

 

👆時にはこのように山の稜線をハイウエイが走る、多分バージニアからノースカロライナ・サウスカロライナへ走る「ブルーリッジ・ハイウエイ」はこうやって山の上を走るんではなかろうかと想像

途中で出くわした車を牽引して走るキャンピングカー

 

子供のチャリンコなどもぶら下げてあって微笑ましい👆

 

キャンピングカーはオートキャンプ場に留めて水道、下水道、電気を繋ぐ(フックアップという)ので日常のデイドライブには乗用車があれば便利なのです、アメリカならではの光景

山をおりるとピッツバークに近づいたのか鉄の構築物が目につくようになった

 

ここら辺は鉄の産地だったのです、すぐにウェストバージニア州に入る

 

この川もかなり工業化された町が多い(川の名前忘れた)Wheelingという町

ウェストバージニアはこの地域では州が狭まっているのであっという間にオハイオ州に入る、相変わらず直線の道が走る、75マイルをキープ、といってもオートクルージングで走るので楽

 

平地におりてくるとえらく暑い

 

このあと温度計は40度を指す、まいったなあ、翌7月7日のエアショーは40度の中で見物することになろうとは、すごい暑さでした

9時間くらい走ったころやっとコロンバスが見えてきた

 

「さよならコロンバス」のコロンバスなのですが映画の舞台ではありません

いよいよデイトンの標識が出てきた、これからI-70を1時間のドライブで到着となる

 

ここまでくると眠気も吹っ飛ぶ、一気に走る

午後5時デイトンのホテル着、長いドライブだった、帰りが思いやられる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください