デイトン空軍博物館(紫電改)


 

「紫電改」

スミソニアンにも紫電改はありますが、なぜかここのは今にも飛び出すんじゃないかと思えるほど生々しい印象を受けました

何も解説無しで詳細写真を羅列します

 

👆照準装置👇搭乗員が乗る時の足掛け

 

 

 

👇手掛け

👇救命筏収納場所

 

次に主翼上面

 

 

 

翼付けねあたりのいろいろな蓋

 

 

 

👇操縦席右舷の燃料給油口とかメタノール積み込み口

 

 

 

ほんとに間近に「紫電改」がみれたのでした、ここの展示の仕方がとても気に入りました👇

 

ご覧の通り機体のすぐ傍まで行ってみる事ができるように柵をアレンジしてあるのです、これはいい

 

「ボックスカー」の真横に展示してありました、「紫電改」についてはもう説明の必要もありませんね、川西航空機(現新明和)の傑作戦闘機であります

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください