デイトン・エアショー2012(フォト・ツアー)


Photo Tourというのが面白い、

朝8時ころにはブルーエンジェルスが機体調整にかかるのでエンジンテストが始まる

100フィート以内には入らないように、とはいえこんな近くで撮影ができる

開門が9時なのでとうてい普通の入場者は見ることが出来ない光景

デイトン国際空港には3本の滑走路があって1本は完全閉鎖になる

ブルーエンジェルスNo.7が離れたところに置いてあった

ブルーエンジェルスのC-130「ファット・アルバート」も駐機していた

今年からどういうわけかネイビーブルーの派手なペインティングから「ローヴィジ」の地味な塗装に変わった

今回のショーでは何故か飛行展示が無かった

ツアーの途中にもエアラインが次々に離陸する

↑デルタ航空↓エアトラン

F-4「ファントムII」もゆっくり撮影できた

ファントムはアメリカでは現役引退した、かろうじてリモコン飛行が可能なように改造された機体が標的機として飛んでいる、アリゾナに何十機も飛行可能な状態で保存されていて、順次改造されていくのだそうだ

機体もかなりくたびれてはいる

しかし後でデモ飛行を見せてくれるが、なかなか、矍鑠とした機動でありました

ファントムは斜め後ろから見たシルエットが一番味があるね

↑赤シャツのおっさんがフォト・ツアーのガイド、Event StaffのTシャツです

この「フォトツアー」という仕組み、なかなかいいなあ、日本でもやったらどうだろう、もちろん「有料」で、アメリカではまだまだカメラ小僧たちは少数派ですが日本のマニアの数は相当なものだからずいぶんと繁盛するんじゃないかな、収益金は何か地域の公共の献金に使えばいい

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください