NAS Oceana Air Show 2011(レガシー・ホーネット)


F/A-18のデモがはじまりました。昼過ぎになってやっとボブ・ライダーのテーマ曲が威勢よくはじまると会場はやんやの喝采。カーチスD型「プッシャー」のデモ飛行に続いていよいよF/A-18が飛びます。まずは「レガシー・ホーネット」と呼ばれる従来型の「ホーネット」から。

もう登場のっけからベイパーコーンが出ております、、、

ハイスピードパス

ナイフエッジパス、、、主翼に発生するベイパーのすごいこと、、、

機動飛行は雲が低いために全部水平系だけ。それでも見ごたえ十分

殆どの機動でベイパーが発生しておりました。「こりゃ、雨のなかのショーもいいもんだな」なんて思ったりしたものです。

着艦やり直しのデモ、、

雨にたたられて意気消沈していた観客もこれですっかり溜飲を下げたのでありました、、

着陸する機体、、、次の演目のTBFとA1が滑走路に向かっております、

主翼をたたみながらタキシーバック

パイロット、、、、何時も思うのですが、パイロットは誰をみてもいい顔してますね。海軍航空隊の沢山の関門をくぐり抜けて頂点にたどりついたツワモノどもの自信に満ちた顔、、、

「ホーネット」のデモはこの後のTBFとA1に続く「スーパー・ホーネット」のデモで最高潮に達します。。。乞御期待

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください