ロードアイランド・エアショー(20)


DMAT(Disaster Medical Assistance Teamの略。ディーマット、と発音される。医師、看護師、事務員、技師、薬剤師などのコメディカルで構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できるように専門的な訓練を受けた医療チーム(←これ朝日新聞からの受け売り)が会場に来ていた。

エアショーは一旦事故でも起こるとなみの交通事故以上の災害になりかねないので、通常の救急車配備に加えてDMATが来ているのだろう。

幸いにも何事も無くショーが終わりみなリラックスしている↑。

エアショーでDMATが来ているのを見たのは今回が初めて。何事にも用意周到なアメリカらしい早手回しなこと。危機管理では数歩も百歩も進んでいる国ですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください