ロードアイランド・エアショー2011(16)


相変わらず夜でも28度ある。時差ぼけで目が覚めた。エアショーのレポートを書くことにしました。

「ブルーエンジェルス」の一番機のトラブルと機体変更のことは前に書きましたが、その緊迫した画像を載せます。

『マイナー・プロブレム』が有ったということで展示飛行中に降りてきた1番機、、、

エンジンを既にスタートしている7番機、、、

1番機が駐機場に到着、、

パイロット降機、、

パイロットは走って7番機に向かい機付き長とFist Bump、、、

ラダーを駈けあがる、、、、この写真を見るまでF/A-18に自前のハシゴがあるとは知らなかった、、

コックピットに滑り込み整備員のサポートを受ける、、

まさに緊急発進の手順を見ているような雰囲気、、

キャノピーが閉まりエンジン音が高まる、、、が、、向こうのゴルフ場ではプレーヤーが淡々とパットしている、、、『エアショー?関係ないね』とでも言いたげ、、これもアメリカ、、

再び発進、、、グリーンでボーっと見ている短パンのオッサンだけは暫く成り行きを見ていた、、

滑走路へタキシーングしていく、、、

手前で空を見上げているオジサンは、リーダー機の上がってくるのを待ち続けて上空を旋回している3機の編隊を見ているのです。

この一連の機体交換劇はまるであらかじめ用意されたシナリオがあるがごとき自然な流れでショーの中断は10分から15分くらいと記憶している。機体が古いからこうなることは危機管理の一つとして用意されているのだろうけど、なかなかいいものを見せて頂きました。

天候が悪い上にショーの中断でしたが「ブルーエンジェルス」の妙技はまったく普段と変わらない豪快なもの。ショーを終えて観客の前をタキシーングして帰るチームに惜しみない拍手があり、パイロット達も何度も何度もガッツポーズで応えていました。ああ彼らはやっぱり戦闘機乗りなんだなあ、と感じ入った次第であります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください