ロードアイランド・エアショー2011(8)


興奮冷めやらぬなかで神尾真由子のレポートでした。こういう芸術家は大きく育っていって欲しいです。閑話休題、エアショーに戻りましょう。

最後の演技、デルタで正面から進入して1機づつブレーク、着陸態勢にはいります、、、

1番機(予備7番機)から着陸、、、

続いて2番から6番まで順次着陸、、、

目前をタキシーバックして戻ってくる6機、拍手う~、、、

今日は快晴でなかったのが残念。

ショーの中断はあったもののトラブルに際して予備機へのスイッチ作業が実にスムーズに展開されたのには驚いた。7番機の出番が多いのは最近の「ブルーエンジェルス」の実情なのですが、ショーの途中で降りてきて乗り換えるとはね。彼らのチームとしてのプロ根性の一端を間近かに見せていただきました。

全体的に、「サンダーバーズ」に比較して「ブルーエンジェルス」の飛行展示はより豪快なところがある。やはり世界一かな。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください