ボーイング747-8 Intercontinental


ボーイング社の最新鋭機「747-8i」がいよいよロールアウトする。昨日同社のネットサービスで情報があった。2月13日午前11時(米国西海岸時間)に披露されるのでウェッブカムで見ることが出来る。顧客納入開始(フルトハンザのはず)は2011年の後半になるという。

これウェッブサイトからの転載、コピープロテクトされてないから多分ここへのっけても問題ないでしょう

この「747-8i」はエアバスA380よりも興味がある。なんてったってA380より格好いいじゃないの。乗って見たい。今のところルフトハンザか大韓航空しか選択肢が無いのが残念。

ボーイングはついでに「787」の新しい(遅延)納期を発表した。年末の試験飛行での火災でまた納期が遅れた。2011年の第三四半期になるという。7月~9月の間ということになるから、多分9月末納期だろう。全日空も涙が枯れ果てたかもね。

そういったわけで、今年の秋はボーイングから2機の新型機がデリバリーされることになった、期せずして。賑やかになるぞ。

それから、コレ↓

日本航空の新しいロゴ。鶴丸の再登場。これ、待ってたよ。素晴らしいデザインだものね。以前このマークを廃止した時に「過去との決別」などど喧伝していたように記憶するが、私の個人的な感覚からすれば「チャンチャラ可笑しい」せりふだった。社内の立て直しをちゃんと出来ないでいて機体のペンキだけを塗り替えて、何が刷新か、と感じた。で、まさにその通りで、破産した。

鶴丸のマークは世界のどこに出しても恥ずかしくない強烈なアイデンティティーを持っている。こういったものを有効に使わないでおいてデザイナーのお遊びに付き合っていた経営者こそ問題だった。海外に在住している人たちが鶴丸マークを見てどれほど癒されていたか、経営者は肌で感じたこと無かったのかな。優れたシンボルマークは100年でも使うべきだ。

この話と似たことがもう一つあった。三菱自動車だ。あの会社が一時期、重厚長大のイメージから脱却すると称して「スリーダイヤ」を捨てて「MMC」というとってつけたようなマークにした。これも社内のシステムはちっとも変って無いのに格好だけを変えた。この会社もおかしくなった。そして「スリーダイヤ」もまた復活した。三菱マークも世界に誇れるシンボルだ。性能もデザインも良くて、アフター・セールス・サービスもしっかりしている、そういった車に三菱マークを付けて適正な価格で出せば売れないわけないんだから。当然の成り行きと思う。私はそれでいいと思う。でもなあ、最近の三菱車のデザイン、好きになれんのだよね。唯一好きだったパジェロ(アメリカでは「モンテロ」)もなんかグロテスクだものねえ、私にとっては。(訂正:モンテロはもう売ってないんでした、今は「エンデバー」という名前で出てます、デザインもおとなしくなってる)

あ、ボーイングの話だったですね、随分脱線した。失礼しました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ボーイング747-8 Intercontinental への2件のフィードバック

  1. ニコラス より:

    こんにちは
    羽のしなり具合からみてイメージではなく実機でのデモフライトのようですね。

    • a6m3zero より:

      説明不足ですみませんでした「747-8i」はまだ初飛行してませんから写真はCGのはずです。CGの精度も上がったものですね、絵と写真の区別はつかなくなってしまいました。貨物機型の「747-8」は初飛行済んで今試験飛行の真っ最中で順調にプログラムをこなしているようです。8と8iの違いはアッパーデッキの長さだけですから飛行時の姿勢は全く一緒。貨物機型が問題なく飛行してますから旅客機型の初飛行は「787」と違ってロールアウトしてそう遠くない時期に実施されるでしょう。楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください