ネオ一眼レフ Canon SX30IS


17日のブログで「月」の写真を掲載したのですが、データがちゃんと書かれてなかったので今日もう一度撮り直してズーム倍率を明記します。

光学ズーム最高の35倍。焦点距離150ミリ。

35㎜フィルム換算で焦点距離840㎜の写真、ピントもそう悪くは無い感じ、原画は4320 x 3240ピクセル1.99MBの大型ファイルなのでウェッブ用に640 x 480ピクセル50.1KBまで縮小している

同じ月を光学35倍に加えてデジタルズーム最高の4倍を作動させたらなんとズーム倍率は140倍になってしまうのが↓この写真。んんん、、、焦点ぼけてるなあ。

 しかしこの絵ではとても観賞に耐えられない。こういうことも出来るですよ、という程度の位置ずけ。ためしに先に光学35倍で撮った一枚目の写真を画像調整ソフトでトリミングして同じ構図に引き延ばしてみたのが↓これ。

140倍ズームの写真とそうかわりませんね、結局(最初から予想はついていたことですが)デジタルズームは焦点板の画像をカメラ側でトリミングしているだけで画質が改善は殆ど効いていないということ

この実験の結果、デジタルズームはオフにすることにしました。光学系ズーム35倍で手ぶれを抑えてちゃんとした画像を撮影しておけば、コンピューター画像処理でデジタルズームと同じ効果は期待できるということ。これが結論(今のところ)。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中